Tableau

ネストLODで2重のFIXED関数を使ってみる【Tableau】

ネストLODとは

ネストLODとは「入れ子になっているLOD計算」のことで、

{FIXED : MAX( {FIXED [地域]: SUM([売上])} ) }

のような計算を指します。
集計した値をさらに集計するというイメージです。
今回は2つの具体例を通してネストLODについて学んでいただければと思います!

集計した値の中から最大値を探す

ネストLODでは集計値に集計をかけることができるので、例えば「地域売上高の最大値を求める」ことも可能です。
では実際にTableauで挙動を確認してみましょう。

地域毎に集計された売上高を、さらに集計してそこから最大値を見つけることができました。

しかし隣で示した通り、今回のケースでは

WINDOW_MAX(SUM([売上]))

でも代用できそうです。
ではなぜわざわざ入れ子(ネストLOD関数)を使って集計するのでしょうか。

それは、WINDOW関数に「他の計算式に応用しづらく、ビューを少しでも変更すれば集計値が変わってしまう」という弱点があるからです。

再びTableauの画面に戻り、挙動を確認してみましょう。
ここではサブカテゴリのディメンションを追加してみます。

このように「ビューの変更に関わらず値が一意に決まる」というのが、ネストFIXED関数の強みです。

他にもINCLUDE関数やEXCLUDE関数を使うことで、それぞれの特徴を活かしたネストLOD関数を作成することができます。

特定ディメンションの平均値と全体平均を比較する

次は、少し実践的なテーマで問題を解いてみたいと思います。

問題:オーダー毎の最低利益をサブカテゴリ別に算出し、それを都道府県/地域単位で平均して、棒グラフで示せ。

回答はこちらです。

関連記事

  1. Tableau

    Tableauの便利な機能

    こんにちは!インターン生の市川です。前回ではTableauの便…

  2. Tableau

    Tableau Bridgeをザックリ理解する

    Tableau Bridge(タブローブリッジ)とはTableau…

  3. Excel

    コホート分析(Cohort Analysis)って何?〜Tableau/GA/Excel/Sprea…

    はじめにさぁ、ようやく皆さんお待ちかねの「コホート分析」です。…

  4. Tableau

    あなたのTableau(タブロー)が重い理由【パフォーマンスの記録】

    はじめにTableauを利用している人のほとんどが経験しているであ…

  5. Tableau

    動的なリファレンスラインで個別に閾値(しきい値)を設定【Tableau】

    完成形リファレンスラインを動的に設定することのメリットリフ…

  6. IT用語集

    BIツール(Business Intelligence Tool)って何?

    はじめにBIツールって聞いたことあるようなないような〜って単語です…

PAGE TOP