Adobe Analytics

Adobe Analytics Business Practitionerが変わりました。

はじめに

Adobe Analyticsの試験であるBusiness Practitionerの形式が大きく変わっていたのでシェアさせていただきます。
私(ヨナハ)はAdobeツールの使用経験がほとんど無いのですが、日本語記事が存在しなかったので今回執筆することにしました。
では早速見ていきましょー!!✨

試験概要

※今回紹介する試験は2019年10月に更新されたものです。(約1年3ヶ月ぶりの更新)

旧試験新試験
問題数:60 →「69
試験時間:105分 →「120分
解答形式:単一選択 →「複数選択あり
言語:いくつかの種類から選択 →「英語
受験方法:近くのテストセンター →「オンライン受験 or 近くのテストセンター
合格ライン:不明 → 「72%(50 / 69)」(参照元)
受験料:22,325円 →「180$」(参照元)

出題配分⬇︎⬇︎
(旧)

(新)

ご覧の通り、大きく変わったのが見て取れます。
問題数の変化⬇︎⬇︎

前提となるツールの理解

(旧)たったの2行。

(新)求められる前提が4 →「17」に。新試験に「ツールの理解」が加わっていることも要因の一つと言えますね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
私も早く実務で経験を重ね、試験を受けたいところです。。
受験料が一回あたり2万を超えるので、下手に挑戦はできませんが…トホホ

参照元

https://solutionpartners.adobe.com/content/dam/spp_assets/public/public_1/Analytics_Business_Practitioner_EG_Jpn.pdf
https://learning.adobe.com/content/dam/adls/certification/samples/en/AD0-E202-AnalyticsBusinessPractitioner-ExamGuide-Eng.pdf

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics 原理①

    近年、Web解析の必要性が広く認知されるようになり多くのWebサイ…

  2. Adobe Analytics

    Ad Hoc Analysisを用いてセグメント作成を効率化する

    こんにちは、インターン生の丸山です。AAによる分析にあたり、セ…

  3. Adobe Analytics

    出口とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は出口について説明いたします。出口とはサイトを訪れたユ…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics-分析ワークスペースの使い方

    こんにちは!インターン生の藤本です。今回はフリーフォームを使用した…

  5. Adobe Analytics

    オリジナルの参照ドメインとは-Adobe Analyticsの指標説明

    こんにちは。インターン生の市川です。今回はオリジナルの参照ドメイン…

  6. Adobe Analytics

    はじめてのAdobe Analytics実装②

    前回勉強した内容をもとに、今回は実際にエクスチュアのs_code.js…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. mouseflow

    ページ解析ツールMouseflowにふれてみた
  2. Adobe Analytics

    訪問者数とは-Adobe Analyticsの指標説明
  3. Google Analytics

    Google Analytics フィルタ①
  4. IT用語集

    ユーザビリティ(Usability)って何?
  5. IT用語集

    ECサイト(Electronic Commerce Site)って何?
PAGE TOP