IT用語集

API(Application Programming Interface)って何?

はじめに

今回はIT業界の基本単語である「API(エーピーアイ)」という言葉について少し掘り下げて説明します。
APIは無限の可能性を秘めた便利な仕組みで、その応用の仕方で世界がガラッと変わります。
では早速みていきましょー!!✨

用語説明〜最速で理解したい人のためのIT用語集より抜粋〜

API(Application Programming Interface)・・・ソフトウェアの(特定の)機能を共有する仕組み。

APIの意味と具体例

APIをザックリいうと「既存のアプリやサービスをアレンジして利用するための仕組み」です。

もう少し正確にいうと「ソフトウェアやアプリの一部を外部に公開して、第三者がその機能を利用するためのプログラムの一部やその利用方法に関する取り決めのこと」です。

APIが用いられている例としては「ショッピングサイトの新規登録の際にGoogleアカウントで登録する」「オンラインゲームでTwitterログインをする」などがあります。他にも「位置情報を利用したゲームでGoogle Mapのシステムが用いられている」「メッセージアプリで他のメールサービスの機能が用いられている」など例を挙げたらキリがないほど沢山あります。。

APIの特徴とメリット/デメリット

APIの最大の特徴は「既存のサービスを拡張し新たな価値を生み出すこと」で、今では中高生がAPIを利用してオリジナルアプリを作るなんてことも珍しくありません。企業だけでなく個人としても利用できるんですね。

メリット
①新規サービスを0から作る必要がない
→基本的な機能は既存のサービスを踏襲すれば良いので開発コストが抑えられる。
②他社のセキュリティーシステムを利用できる
→自社でセキュリティーの高い会員登録システムを開発するよりもFacebookなどのシステムを使う方が安全です。
③情報がリアルタイムで反映される
→自動連携システムにより即座にデータを利用することが可能。SNSへの自動投稿などもこれに該当。

デメリット
①APIの仕様が変わればその都度調整が必要
→仕様の変更に対応できなければシステムエラーが生じたりするので注意が必要。
②APIの提供が終われば利用できない
→当然ですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今回は冗長的な説明は抜きにしてギュッとまとめてみました。
APIを利用することで個人でも斬新なサービスを簡単に開発できるなんて凄いですよね。
この記事を通して「API」に関する理解を深めていただければ幸いです。
最後まで目を通していただきありがとうございました🙇‍♂️

参照元

BIツール(ビジネスインテリジェンスツール)とは? 事例から見るBIツールのメリット

いまさら聞けない!APIとは何か?〜基礎の基礎を学ぼう〜


https://www.internetacademy.jp/it/programming/javascript/how-to-use-web-api.html
https://wa3.i-3-i.info/word12428.html
https://www.moonfactory.co.jp/blog/2015073012.html

関連記事

  1. IT用語集

    ドキュメント(Document)って何?

    はじめにドキュメントって何だろう、周りでこの言葉を使う人が増えたな…

  2. IT用語集

    コンポーネント、モジュール、ライブラリって何?

    はじめにコンポーネント、モジュール、ライブラリはそれぞれ「部品」「…

  3. IT用語集

    AWS(Amazon Web Service)って何?

    はじめにAmazonといえばECサイト(ネット通販)をイメージする…

  4. IT用語集

    CRM(Customer Relationship Management)って何?

    はじめに「CRM」は主にマーケティング業界で使用されている言葉です…

  5. IT用語集

    スコアリング(Scoring)って何?

    はじめに今回はAI関連のトレンドの1つであるスコアリングについてご…

  6. IT用語集

    OS(Operating System)って何?

    はじめに「OS」って知っているようでよく知らない単語ですよね。…

PAGE TOP