IT用語集

DWH(Data Warehouse)、データマート(Data Mart)って何?

はじめに

今回はデータ界隈で必須単語である「データウェアハウス(DWH)」と「データマート」の意味とその違いについて説明します。
言葉の意味を理解していないとゴッチャ(混同)になることも多いです。
それでは早速見ていきましょー!!✨

用語説明〜最速で理解したい人のためのIT用語集より抜粋〜

DWH(Data Warehouse)・・・企業内で蓄積されたデータが1つの場所で整理されているデータベース。
データマート(Data Mart)・・・企業内のデータのうち、目的別に抜き出された使い勝手の良いデータベース。

DWHとデータマートの意味とその違い

これらの単語の意味をザックリ説明すると

データウェアハウス(DWH)=「会社内の全てデータが格納された大規模なデータベース
データマート=「必要なデータのみが集められた小〜中規模のデータベース

となります。

語源から考えると「WareHouse = 倉庫」「Mart = 小売店」なので、用語自体は覚えやすいですよね。

全体のデータを一元管理するDWHが理想」とされているのですが、今だにデータマートを軸に考えてる企業も少なくないです。
理由はデータマートは小規模で特定のデータのみが管理されているので「環境構築にかかるコストが小さく特定のデータにアクセスしやすい」という特徴があるからです。

DWHが理想とされる主な理由は「企業データは日々増え続ける」「データマートのデータは断片的なものとなってしまう」「データマートの数が膨大になれば収集がつかない」ということです。膨大なデータを管理することがマストな現代で、大量の重複データを個別(バラバラ)に管理するということは非常にリスクが高いです。また長期的なことを考えても運用コストや安全面から見ても、DWHを持つことはメリットしかないです。その役目を担うのがIT部門というわけなんですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
「Warehouse = 倉庫」「Mart = 小売店」の意味から推測すれば、もう忘れることはないですよね。
データマートを一気にDWHに移行する事は非現実的なので、導入を検討する際は強引に進めすぎないことがポイントです。

この記事を通して「データマート」「DWH(データウェアハウス)」に関する理解を深めていただければ幸いです。
最後まで目を通していただきありがとうございました🙇‍♂️

参照元

データマートとデータウェアハウスの違いとは?なぜデータウェアハウスが理想のデータベース形態と言われるのか?

データマートとは? データウェアハウスとの比較から話題のデータレイクも含めて解説!


https://jp.talend.com/resources/what-is-data-mart/
https://www.teradata-jp.com/post/2018/07/05/データウェアハウス-vs-データマート
https://www.gixo.jp/blog/12313/
https://it-trend.jp/dwh/article/149-0005

関連記事

  1. IT用語集

    ユビキタス(Ubiquitous)って何?

    はじめにユビキタスとは「お馴染み」という意味の英単語です。実際…

  2. IT用語集

    デバッグ(Debug)、デバッガ(Debugger)って何?

    はじめにプログラミングの勉強をする際に、必ずと言っていいほど出てく…

  3. IT用語集

    アーカイブ(Archive)って何?

    はじめにGmailやInstagramなどでよく目にする「アーカイ…

  4. IT用語集

    コンバージョン(CV)って何?

    はじめにCVはコンバージョン(Conversion)の略で、英語で…

  5. IT用語集

    キャッシュ(Cache)って何?

    はじめに今回紹介するキャッシュという言葉は、現金という意味の英単語…

  6. IT用語集

    セッション(Session)って何?

    はじめにセッションとは「人が集まって作業を始め終了するまでの一連の…

PAGE TOP