Spread Sheets / GAS / GDS

スプレッドシートで自動バックアップを作成

はじめに

スプレッドシートを使ってデータを運用する際に最も気になることと言えば「データの誤操作」ですよね。
私(ヨナハ)はスプレッドシートとBIツールを直繋ぎすることが多いのですが、やはり元データの管理が非常に気になります。
誰かの誤操作で突然データが全て消えてしまった、、なんてことは防ぎたいですよね。
今回は、GAS(Google Apps Script)を用いて「別シートに自動バックアップをとる」方法をご紹介します。
では早速見ていきましょー!!✨

GAS(Google Apps Script)の準備

まずはGASを使用するための環境構築をします。
手順は簡単でこちらから「Google Apps Script」と検索をかけてアプリをインストールし、Google Driveの右上のドットマークを押して「Google Apps Script」が表示されれば完了です。

実際の手順

まずは、スプレッドシート上で2つのシートを作成します。(ここでは”元データ”,”バックアップ”と命名)

先ほどイントールしたGoogle Apps Scriptのアプリを開くと以下のような画面が開きます。

(”プロジェクト名”にはわかりやすい名前を設定)

そこに以下のコードをコピペします。

function backup() {
  var sheet = SpreadsheetApp.openById('スプレッドシートのID'); 
  // スプレッドシートのIDとは「https://docs.google.com/spreadsheets/d/〇〇/edit」の〇〇の箇所。
  var baseSheet = sheet.getSheetByName('参照元のシート名');
  var copySheet = sheet.getSheetByName('バックアップ用のシート名');
  copySheet.clear();
  //データを都度上書きする想定なので、ここで一度画面のデータを全て削除する。
  var lastRow = sheet.getLastRow(); //最終行を取得
  var lastColumn = sheet.getLastColumn(); //最終列を取得
  var copyValue = baseSheet.getRange(1,1,lastRow,lastColumn).getValues(); //参照元の全範囲をコピー
  copySheet.getRange(1,1,lastRow,lastColumn).setValues(copyValue); //コピペ先に全ての値をペースト
}

画像で見るとこんな感じです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今やビジネスマンだけでなく、学生から年配の方まで幅広い層が使用するスプレッドシート。
今回はそんなスプレッドシートを安全に使うための「自動バックアップ」の方法をお伝えしました。
最後まで目を通していただきありがとうございました🙇‍♂️

関連記事

  1. Spread Sheets / GAS / GDS

    スプレッドシートで動的な縦持ちデータを作る〜GAS(GoogleAppsScript)〜

    はじめにこんにちは!インターン生の與那覇(よなは)です今回はス…

  2. Spread Sheets / GAS / GDS

    GDS(グーグルデータスタジオ)で「年ごと/月ごと/週ごと」の集計をする

    使用するデータ今回はこちらのサンプルデータを使用します。カラム…

PAGE TOP