IT用語集

コンポーネント、モジュール、ライブラリって何?

はじめに

コンポーネント、モジュール、ライブラリはそれぞれ「部品」「部品を集めたもの」「コレクション」という意味の英単語です。
今回なぜ3つの単語をまとめて紹介するのは、意味が非常に似てるからです。
その違いに気をつけながら、早速みていきましょー!!✨

用語説明〜最速で理解したい人のためのIT用語集より抜粋〜

コンポーネント(Component)・・・ソフトウェアやシステムの部品や要素。
モジュール(Module)・・・全体のうちの、部分的なプログラム。
ライブラリ(Library)・・・プログラミング言語において、よく利用する関数や機能、データをまとめたファイル。

コンポーネントとは

コンポーネントとは、ザックリいうと「ファイルやプログラムの構成要素」です。

基本的に単体で何かするようなものではなく、何かと組み合わせて使用します。
後述するモジュールと同じ意味ですが、コンポーネントは「モジュールより広義な意味での部品」です。

コンポーネントには、他のコンポーネントがないと機能しないものもあり用途が少し限定的です。

モジュールとは

モジュールとは、ザックリいうと「ひとまとまりの機能を持った部品」です。

基本的に単体で何かするようなものではなく、何かと組み合わせて使用します。
モジュールは「簡単に追加・削除できる」ことが特徴です。

モジュールは主にプログラム関係で使用されるが、コンポーネントはファイル・プログラム・物理的なもの等広義な意味で使用されます。

ライブラリとは

ライブラリとは、ザックリいうと「複数の部品をまとめたもの」です。

ライブラリも基本的に部品を意味するのですが、主に「モジュールの集合体」という意味で使われます。

例えばプログラミングの世界では、
・モジュールをインポート→特定の機能が使えるようになる。
・ライブラリをインポート→様々な機能がまとめて使えるようになる。
という感じです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
簡単にまとめると、
◾️コンポーネント→「何かの部品」
◾️モジュール→「特定の使い方ができる部品」
◾️ライブラリ→「様々な部品が集まったもの」
となります。
久々に3つ一気に記事にしましたが、かなりいい感じに仕上がったのではないかと思います。

この記事を通して「コンポーネント」「モジュール」「ライブラリ」に関する理解を深めていただければ幸いです。
最後まで目を通していただきありがとうございました🙇‍♂️

参照元

https://wa3.i-3-i.info/word12384.html
https://kotobank.jp/word/コンポーネント-3583

https://ja.wikipedia.org/wiki/ソフトウェアコンポーネント

https://www.vcssl.org/ja-jp/doc/syntax/import
https://qiita.com/yutaro50/items/f93893a2d7b23cb05461

関連記事

  1. IT用語集

    カプセル化(Encapsulation)って何?

    はじめにカプセル化って何だか簡単そうな言葉ですよね。カプセル=…

  2. IT用語集

    テーブル(Table)・カラム(Column)・ロー(Row)・フィールド(Field)って何?

    はじめにテーブルとカラムってデータ系の業界だと、毎日のように聞く言…

  3. IT用語集

    ドキュメント(Document)って何?

    はじめにドキュメントって何だろう、周りでこの言葉を使う人が増えたな…

  4. IT用語集

    パス、絶対パス、相対パス、ルートパスって何?

    はじめにパスとは簡単にいうと「特定ファイルが置いてある場所」のこと…

  5. IT用語集

    ウォームスタンバイ、コールドスタンバイ、ホットスタンバイって何?

    はじめにウォームスタンバイ(Warm standby), コールド…

  6. IT用語集

    オンラインストレージ(Online Storage)って何?

    はじめにオンラインストレージって意味が予測しやすい単語ですよね。…

PAGE TOP