IT用語集

コンピュートエンジン (Compute Engine)って何?

はじめに

コンピュートエンジンとは、Googleが提供する仮想マシンに関するサービスのことです。
今回はGoogleの公式HPのみを参考にしましたが、広告塔ではないので気軽に読んでください。笑
では、早速みていきましょー!!✨

用語説明〜最速で理解したい人のためのIT用語集より抜粋〜

コンピュートエンジン (Compute Engine)・・・Googleのサービス上で仮想マシンを簡単に作成できるサービス。Googleアカウント一元管理・ライブマイグレーション・高速性・大規模クラスタ対応などの特徴を持つ。

コンピュートエンジンとは

Googleの公式HPによると、コンピュートエンジンとは「スケーラブルで高性能な仮想マシン」とのことです。
※スケーラブルとは、”あらゆるものに対応する”という意味です
説明がやや抽象的なので分解して考えてみましょう。

①スケーラブルとは
これはGoogleが保有する「世界規模のネットワークを介して接続できるので対応力がある」という事です。
また、強みとしては世界中で負荷を分散させるので、処理が早くなるという点が挙げられます。

②どこが高性能なのか
まず挙げられるのが「仮想マシンを独自にカスタマイズできる」「他のGoogleサービスと相性が良い」という点です。
世界中の企業がGoogleのサービスを利用しているので、親和性が高いというのは非常に大きな強みです。
他にも、低価格で始められたり、他のマシンと簡単に接続できる等メリットはいくつか存在します。

上で挙げたコンピュートエンジンの強みをまとめると、以下のようになります。

・1つの仮想マシン上で一括管理・接続できる
・グローバルで負荷を分散させ軽量化
・マシンのカスタマイズができる
・コストが安い

AWSを知っている人は、AWSのGoogle版と考えても良いでしょう。

おわりに

最近のプラットフォーマー(Google、Amazon等)は自社サービスを一括で管理し、シームレスに使えるようにしています。自社で完結するので利用者にとっては安く便利に使えるわけです。特に今回ちらっと挙げた「AWS」は世界最強のプラットフォームで、Amazonの一番の収益源となっているので目が離せません。(こちらは後日記事にします)

この記事を通して「コンピュートエンジン」に関する理解を深めていただければ幸いです。
最後まで目を通していただきありがとうございました🙇‍♂️

参照元

https://cloud.google.com/compute/?hl=ja

関連記事

  1. IT用語集

    クラスタ(Cluster)・クラスタリング(Clustering)って何?

    はじめにクラスタって上級者がたまに会話で使ってますよね。お仕事…

  2. IT用語集

    ファーストパーティー、セカンドパーティー、サードパーティデータって何?

    はじめにファーストパーティー、セカンドパーティー、サードパーティー…

  3. IT用語集

    クローリング(Crawling)って何?

    はじめにクロールとは「ハイハイする、徐行する」という意味の英単語で…

  4. IT用語集

    デバッグ(Debug)、デバッガ(Debugger)って何?

    はじめにプログラミングの勉強をする際に、必ずと言っていいほど出てく…

  5. IT用語集

    C言語、C++(シープラプラ)、C#(シーシャープ)って何?

    はじめにC言語は数あるプログラミングの中でも歴史が長く、全く人気が…

  6. IT用語集

    スコアリング(Scoring)って何?

    はじめに今回はAI関連のトレンドの1つであるスコアリングについてご…

PAGE TOP