Tableau

Tableau Tips〜WINDOW関数〜

はじめに

こんにちは!インターンの與那覇(ヨナハ)です
これから不定期で「Tableau Tips」という名目でタブローの小技を少しずつ発信していきます。
記念すべき第一回はWINDOW関数です。早速みていきましょー!!✨

WINDOW関数とは

WINDOW関数をザックリいうと「ウィンドウ内の集計結果を返す関数」です。

代表例としては
・WINDOW_MAX = ウィンドウ内の最大値を返す。
・WINDOW_AVG = ウィンドウ内の平均値を返す。
・WINODW_SUM = ウィンドウ内の合計値を返す。
などがあります。

WINDOW関数の集計結果

実際にイメージしてもらうために「SUM([売上])」を使ってWINDOW関数を見ていきましょう。
⬇︎⬇︎表の値を比較すれば、[オーダー日]毎にMAX、AVG、SUMなどが集計されていることがわかりますね。

今回はわかりやすいように「合計([売上])」を表示しましたが、これを省略しても表示される結果は変わりません。
また、デフォルトでは「表の横方向➡︎」(オーダー日)に沿って集計していますが、これは「表の縦方向⬇︎」(カテゴリ)に沿って集計することも可能です。

これでWINDOW関数の説明は終了です!簡単ですよね

実際のビューでの裏技(WINDOW_MAXのみ)

ここでは私が最も使用する「WINDOW_MAX」を使った簡単なテクニックを紹介します。

<通常のビュー>

<WINDOW_MAXを使ったビュー>
マークの[色]メニューに「WINDOW_MAX(SUM([売上]))=SUM([売上])」という式を追加します。
これはウィンドウ内のSUM([売上])で最大値のものがあれば真(True)を返し、それ以外は偽(False)を返すというものです。
つまり最大値のみを簡単に色分けすることができるのです。
※この際、[表計算の編集]メニューから集計範囲を指定することを忘れずに。。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
WINDOW関数は詳細な分析をする際に活用することができます。
特に、最後に紹介した「棒グラフでのWINDOW_MAX」は誰でも簡単に使えるのでかなりオススメです。
この記事を通してWINDOW関数に関する理解を深めていただけたら幸いです。
最後まで目を通していただきありがとうございました🙇‍♂️

エクスチュアは、デジタルマーケティングからビックデータ分析まで幅広くこなすデータ分析のプロ集団です。
tableauのコンサルティング/導入支援はこちらから。

参照元

https://help.tableau.com/current/pro/desktop/ja-jp/functions_functions_tablecalculation.htm#windowmaxexpression-start-end

Tableau(タブロー) WINDOW_関数をしっかりと理解する

関連記事

  1. IT用語集

    【完全版】Tableau(タブロー)って何?

    【目次】・はじめに・Tableau(タブロー)とは・具体例…

  2. Tableau

    Tableau ServerとTableau Onlineの違い【管理者向け】

    【基本のキ】Tableau ServerとTableau Online…

  3. Tableau

    Tableauとは

    こんにちは!インターン生の市川です。少し前にTableauというソ…

  4. Tableau

    あなたのTableau(タブロー)が重い理由【パフォーマンスの記録】

    はじめにTableauを利用している人のほとんどが経験しているであ…

  5. Tableau

    Tableau Tips〜Onlineで利用可能なフォント〜

    はじめにTableau Server/Onlineで利用可能なフォ…

  6. Tableau

    動的なリファレンスラインで個別に閾値(しきい値)を設定【Tableau】

    完成形リファレンスラインを動的に設定することのメリットリフ…

PAGE TOP