Tableau

Tableauで強調円グラフを作ってみた〜特殊チャート①〜

はじめに

こんにちは!インターン生の與那覇(ヨナハ)です
今回は、長谷川さん(社員)の協力のもと強調円グラフを作成したいと思います。

強調円グラフが有効なケース
◾️一つのグラフで複数のカテゴリを評価したい
◾️部分的に強調するような図を作りたい
◾️データの行数が少ない
◾️ダイナミックな図形を作りたい

完成予定図⬇︎⬇︎⬇︎

参考Biz:KilledByBear

データの用意

Tableauにデフォルトで格納されている”サンプルスーパーストア”のデータソースDL。
→BigQueryで加工しcsvファイルとしてDL。
→エクセル上でデータの追加・編集。
→マスタ完成。

マスタの一部⬇︎⬇︎⬇︎

サイトの設計上Excelファイルをアップロードする事ができませんでした。

BigQueryで得た結果は、36=3×12(カテゴリ数×12ヶ月)行の”month”,”category”,”total_sales”。
エクセル上で追加したデータは”num_point”,”point”
(pointは0~100の数字が一つずつ入ったもの。num_pointはpointが0の時0を返しそれ以外は1を返す。)
計:5行 3037列

Tableauを使ってデータを可視化

以下のような計算式を作成⬇︎⬇︎⬇︎

さらにディメンションの変換などを行い、マーク欄を編集します。
この時”x”の色の不透明度を35%、”x_stressed”の色の不透明度を100%に設定します。

次にx,x_stressed(二重軸),yを配置し、xとx_stressedの軸を同期します。

最後にx>表計算の編集>RS_POINT,RS_VALUEの編集をすれば図形が表示されて完成です。
(xだけではなく、同様の操作をx_stressed,yに対しても行う)

これを実際のダッシュボードに落とし込むとこのようになります。
文章は適当ですが、この特殊チャートをアレンジすれば多様性のある斬新なダッシュボードが作れること間違いなしです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
通常の業務ではなかなか使用しないようなダッシュボードだったのではないでしょうか。
今回は初回でしたがこれからどんどんタブローの特殊チャートを発信していきたいと思います!
最後まで目を通していただきありがとうございました🙇‍♂️

エクスチュアは、デジタルマーケティングからビックデータ分析まで幅広くこなすデータ分析のプロ集団です。
tableauのコンサルティング/導入支援はこちらから。

関連記事

  1. Tableau

    動的なリファレンスラインで個別に閾値(しきい値)を設定【Tableau】

    完成形リファレンスラインを動的に設定することのメリットリフ…

  2. Tableau

    上位N件セットを使って「その他」を効果的に表現する【Tableau】

    完成図【手順】パラメータを用いて上位N件セットを作る①:パ…

  3. Tableau

    Tableau Desktop 2020.1の新機能を全て解説してみた。

    はじめに昨日(2020/2/25)、Tableau Desktop…

  4. Tableau

    Tableau Tips〜LOOKUP関数〜

    はじめに「LOOK UP」は見上げる、調べるという意味の英単語です…

  5. Tableau

    Tableauのリレーションシップを理解して過剰結合を防ぐ

    リレーションシップとはTableau Desktop 2020.2…

PAGE TOP