IT用語集

クロスデバイス(Cross Device)って何?

はじめに

今回取り上げる「クロスデバイス」は、文字通り「デバイス(スマホやパソコン、タブレットなど)をクロス(横断)する」ことです。
ただ、意外に多くの方が「つまりどういうこと?」と事例を求められたときによい具体例が思いつかないようです。
今回は事例を交えながら、プラスαでビジネスでの活用まで解説できればと思います。
早速見ていきましょー!!✨

用語説明〜最速で理解したい人のためのIT用語集より抜粋〜

クロスデバイス(Cross Device)・・・コンテンツやデータなどを様々な端末で共有すること。

クロスデバイスの意味・具体例・特徴

クロスデバイスを簡単にいうと「複数のデバイスでやり取りすること」です。

具体例としては、
・朝スマホでAmazonの商品をカートに入れ、夜パソコンでその商品を注文する
・パソコンとスマホで同じGoogleアカウントを利用する
・スマホで見ていたYouTubeである動画を「後で見る」にし、のちにパソコンで「後で見る」を再生する
等があります。

ほとんどの場合、アカウントを紐づけることでクロスデバイスが可能となります。

データ分析におけるクロスデバイス

データを分析する際にクロスデバイスの考え方を用いれば、
◾️デバイス毎にユーザーの行動に違いはあるのか
◾️デバイス毎の広告の効果に違いはあるのか
等を調べることができます。

この視点でユーザーを分析することによって、広告の内容やターゲット層を最適化したりすることができます。
「クロスデバイス」の考え方を考慮しないと、別端末からきた同じユーザーを別人としてカウントしてしまうのです。

さいごに

このように、アクセスする側にとっては同じアカウントでデータを引き継いで使えるため便利ですが、情報を解析する側もより精度の高い情報を得られるため有効な機能といえます。少し踏み込んだ内容でしたが、「クロスデバイス=別端末でデータを共有すること」ということだけでも覚えていってください。

この記事を通してクロスデバイスに関する理解を深めていただければ幸いです。
最後まで目を通していただきありがとうございました🙇‍♂️

参照元

https://kotobank.jp/word/クロスデバイス-1714493

YDNにおける「クロスデバイス」の2つの意味とは

クロスデバイスとは?用語の意味からコンバージョンの計測方法まで解説

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. IT用語集

    レンダリング(Rendering)って何?

    はじめにレンダー(render)は「元に戻す」という意味の英単語で…

  2. IT用語集

    エンタープライズサーチ(Enterprise Search)って何?

    はじめにEnterpriseの直訳には、企業・冒険・事業などがあり…

  3. IT用語集

    コロケーション(Collocation)って何?

    はじめにコロケーションを語源から考えると。「collocation…

  4. IT用語集

    ファーストパーティー、セカンドパーティー、サードパーティデータって何?

    はじめにファーストパーティー、セカンドパーティー、サードパーティー…

  5. IT用語集

    キッティング(Kitting)って何?

    はじめにキッティングって、キティーちゃんと名前が似ててかわいい言葉…

  6. IT用語集

    グループウェア(Groupware)って何?

    はじめに「〇〇ware」という言葉は、〇〇用のもの、〇〇製のものと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. mouseflow

    Mouseflow(ヒートマップ)の効果的な活用術
  2. IT用語集

    サブルーチン(Sub Routine)・メインルーチン(Main Routine…
  3. IT用語集

    コンピュートエンジン (Compute Engine)って何?
  4. IT用語集

    【完全版】Tableau(タブロー)って何?
  5. IT用語集

    ドキュメント(Document)って何?
PAGE TOP