IT用語集

仮想マシン( VM = Virtual Machine)って何?

はじめに

仮想マシンって、音の響きがカッコイイですよね!
私(與那覇)は少し厨二気質があるので、こういう単語に惹かれてしまいます。。
仮想マシンという言葉はどのような意味で、どのような特徴を持つのでしょうか。
では、早速見ていきましょー!!✨

用語説明〜最速で理解したい人のためのIT用語集より抜粋〜

仮想マシン(Virtual Machine)・・・仮想的に作られたハードウェア。サーバマシンの台数削減・管理コスト削減・安全性が高いという特徴を持つ。あるPC上で別のPCのサービスの稼働を確認したりする際に使われる。

仮想マシンの特徴と種類

仮想マシンの最大の特徴は「PC内で別の種類のPCを操作できること」です。
つまり、Mac上でWindowsのソフトを利用したりすることができます。
ほとんどの場合、自分の作成したプログラムが他のPCでも正常に作動するかの検証などに使われたりします。

仮想マシンには大きく2種類あります。
◾️ホストOS型・・・既に動いているPCの中に仮想化のソフトを入れて、その中に仮想マシンを作る。
◾️ハイパーバイザ型・・・空っぽのハードディスクに直接仮想化用のソフトを載せる、すなわち初めから仮想化用PCを作る。
前述したように、ほとんどの場合が仮想マシンを検証やソフトの使用などに用いるため、ホストOS型が一般的です。

仮想マシンのメリット・デメリット

〜メリット〜
・一台のPCの中に色々な環境を用意できる。
・通常では使用しない余ったPCのメモリを有効的に使うことができる。
・他のハードウェアでテストをするコストが抑えられ、複数台PCを使う場合に比べて管理が楽になる。

〜デメリット〜
・二台のPCが使えるが、一台分の能力(CPUやメモリなど)しかないので性能が大幅に下がる。
・PCが壊れた際に二台分のデータがなくなるので、被害が大きくなる。
・仮想マシンを扱う際に高度な知識や技術が求められる。
・トラブルが起きた際の対処が難しい。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
仮想マシンでPCの中に他のPCを入れることができると考えると何だか魅力的ですよね!
実は、私も業務で仮想マシンを使用したことがあるのですが、PCの処理がかなり重くなるのは感じました。
しかし、自分のPCで他のPCの環境を試すことができるというのは、とても便利です。
仮想化用のソフトをダウンロードするのに時間はかかりますが、機会があれば是非使って見てください。

この記事を通して、仮想マシンに関する理解を深めていただけたら幸いです。
最後まで目を通していただきありがとうございました🙇‍♂️

参照元

http://e-words.jp/w/VM.html
https://wa3.i-3-i.info/word11943.html
https://wa3.i-3-i.info/word11941.html
https://boxil.jp/mag/a1300/
https://www.otsuka-shokai.co.jp/words/virtualization.html

関連記事

  1. IT用語集

    DTM(Dynamic Tag Manager)って何?

    はじめにDTMとは、Adobeの第2世代*タグマネージャー(タグ管…

  2. IT用語集

    CAD・CAM・CAEって何?

    はじめにCAD(キャド)は有名ですが、CAM(キャム)やCAEは知…

  3. IT用語集

    データベース(Data Base)って何?

    はじめにデータベースって、どんなイメージですか?今回はその意味…

  4. IT用語集

    キッティング(Kitting)って何?

    はじめにキッティングって、キティーちゃんと名前が似ててかわいい言葉…

  5. IT用語集

    オブジェクト(Object)・オブジェクト指向(Object-Oriented)って何?

    はじめにプログラミングの勉強をするときに、必ずと言っていいほど「オ…

  6. IT用語集

    ウォームスタンバイ、コールドスタンバイ、ホットスタンバイって何?

    はじめにウォームスタンバイ(Warm standby)、コールドス…

PAGE TOP