IT用語集

オーバーロード(Overload)って何?

はじめに

オーバーロード(過負荷)ってなかなか耳にしない単語ですよね。
私(與那覇)は受験期に「オーバーロード=勉強のしすぎで簡単なことも考えらえれなくなること」と塾で教わりました。
これは長時間集中したときなどに起こると言われており、
同時通訳の人はオーバーロードになりやすいので、休憩中に必ずチョコを食べて糖分補給をするそうですよー!
さて世間話はここら辺にして、早速IT業界でのオーバーロードについて詳しく見ていきましょー!!✨

用語説明〜最速で理解したい人のためのIT用語集より抜粋〜

オーバーロード(Overload)・・・戻り値、引数の数、型の違う同名のメソッドを同時に多重定義すること。

オーバーロードの具体的な意味と使われ方

オーバーロードについて簡単に説明すると、一つの変数名で複数の定義をし文脈によって使い分けることです。
例えば、プログラミングでは「+」の演算子を”数字の足し算”や”文字の結合”という風に使い分けます。
「2 + 3 = 5」「”エクス” + “チュア” = “エクスチュア”」
(前後が数字であればそれらの数値を足し、前後が文字であればその文字を結合する)

さらに高度な使われ方としては、渡す値(引数)によって機能(メソッド)を変えることです。
ここで、野球ゲームを実装することを考えて見ましょう。
はじめに「球種」というメソッドを作成するとします。
この球種メソッドで、
▪️値を渡さないとき=ストレート、
▪️「↓↓」を渡せばフォーク、
▪️「↓→」を渡せばカーブ、
▪️「→→」を渡せばスライダー。。。という風に設定します。
すると「球種」という一つの名前で、異なる複数のメソッドを定義できたことになります。
これがプログラミングにおけるオーバーロード(多重定義)です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
この言葉は主にエンジニアの方が使うものですが、そうでない人も知っているとカッコイイですね。
個人的には足し算と野球ゲームの例えがとてもわかりやすいなと思いました!(自画自賛)
この記事を通してオーバーロードに関する理解を深めていただけたら幸いです、
最後まで目を通して頂きありがとうございました🙇‍♂️

参照元

https://www.hicareer.jp/inter/mariko/1205.html
http://e-words.jp/w/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89.html
http://www.gamecradle.net/document/main/content/doki/session14/su-overload.html
https://it-trend.jp/words/overload

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. IT用語集

    カプセル化(Encapsulation)って何?

    はじめにカプセル化って何だか簡単そうな言葉ですよね。カプセル=…

  2. IT用語集

    仮想化(Virtualization)って何?

    はじめにわかりそうでよくわからない「仮想化」という言葉。実は仮…

  3. IT用語集

    暗号化・共通鍵暗号・公開鍵暗号って何?

    はじめにほとんどの方が「暗号」という言葉を聞いたことはあると思いま…

  4. IT用語集

    テーブル(Table)・カラム(Column)・ロー(Row)・フィールド(Field)って何?

    はじめにテーブルとカラムってデータ系の業界だと、毎日のように聞く言…

  5. Adobe Analytics

    GA(Google Analytics)とAA(Adobe Analytics)って何?

    はじめに現在のアクセス解析ツールにおいては、GA(Google A…

  6. IT用語集

    イーサネット(Ethernet)って何?

    はじめにイーサネットってなんだかイーサリアム(2018年10月現在…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. IT用語集

    プロパティ(Property)って何?
  2. Google Analytics

    Google Analyticsのデータを分かりやすくする「Qunb」
  3. IT用語集

    インポート(Import)とエクスポート(Export)って何?
  4. IT用語集

    コンバージョン(CV)って何?
  5. Adobe Analytics

    DataWarehouseについて
PAGE TOP