IT用語集

イーサネット(Ethernet)って何?

はじめに

イーサネットってなんだかイーサリアム(2018年10月現在ビットコインに次ぐ時価総額を誇る仮想通貨)って言葉に似ていませんか?
しかし言葉の意味は全く異なるものとなっています。
意味自体は簡単なものなので、今回はイーサネットの歴史も添えて紹介します。
では、早速みて行きましょー!✨

用語説明〜最速で理解したい人のためのIT用語集より抜粋〜

イーサネット(Ethernet)・・・有線LANの標準規格のことで、一般に有線LANケーブルを指す。

イーサネットとは

イーサネットとは「有線LANに用いられる規格」のことで、イーサネット対応機器というのは「有線LANケーブルが挿せる機器」を表します。

通信の規格とは「世界中で統一された通信ルール」のことで、送信者/受信者がデータをやり取りすることを可能にします。
例えば、もしイーサネットの概念が存在しなければ、各メーカーのLAN端末とケーブルの差し込み口の大きさが違ったり、内部の通信システムが正常に機能しないということが起こります。

また無線LANが普及した現代でも、イーサネットという言葉が周知されているのは「有線LANの方が性能が良い」という理由が挙げられます。
無線LANは電波を利用しているため、周りに障害物が多ければその分通信が遮断されてしまいます。
一方、有線LANはケーブルで直繋ぎしているため、外的環境の影響を受けにくいといえるのです。

イーサネットの歴史

イーサネットは1973年にXerox社が開発したLAN方式です。

イーサネットは初め、固くて重いケーブルにトランシーバを取り付けて、全てのコンピュータを1本の同軸ケーブルで接続するような仕組みでした。
そのため複数のコンピュータがデータを送信しようとすると、ケーブル内で電気信号がぶつかってしまい通信できないという欠点があったのです。

その問題を解決すべく、ハブと呼ばれる一つの箱から細い紐が伸びるような設計にし、データ受信者をハブが選択することで効率的に送信するという仕組みができました。
さらにコンピュータ間で通信状況を調べあい、データの衝突がおきないように検出する仕組みを作ったことで、現在のイーサネットの形へ進化したのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
私たちが普段当たり前のように使っているインターネットの裏には、このような仕組みがあったんですね。
今回はちょっぴり歴史的側面を加えて見ましたが、楽しんでいただけましたかね。笑

最後まで目を通していただきありがとうございました🙇‍♂️

参照元

.https://www.yupiteru.co.jp/yupista/article/ethernet.html
.https://www.pc-master.jp/words/ethernet.html
.https://www.panduit.co.jp/column/naruhodo/9237/
.https://fujikura-solutions.co.jp/technology/103/

関連記事

  1. IT用語集

    スコアリング(Scoring)って何?

    はじめに今回はAI関連のトレンドの1つであるスコアリングについてご…

  2. IT用語集

    キッティング(Kitting)って何?

    はじめにキッティングって、キティーちゃんと名前が似ててかわいい言葉…

  3. IT用語集

    メモリ(Memory)、仮想メモリ(Virtual Memory)って何?

    はじめに仮想メモリとは、自身の能力を超えて仮想的な記憶力を得ること…

  4. IT用語集

    ゴー言語(Golang)って何?

    はじめに今回は言語別年収ランキングで一位を獲得した「Go言語」につ…

  5. IT用語集

    コンソール(Console)って何?

    はじめに今日はあまり馴染みのない「コンソール」という単語について紹…

  6. IT用語集

    カスタマージャーニー(Customer Journey)って何?

    はじめにカスタマージャーニー = カスタマー(顧客)+ ジャーニー…

PAGE TOP