Adobe Analytics

adobe analytics Report Builder

こんにちは!今回はreport builderを使って、エクセルにaaのデータをエクスポートする方法を紹介したいと思います。

Report Builderはエクセルのアドイン機能で、これを使用するとAnalytics データを含むカスタマイズされたデータリクエストを作成して Excel ワークシートに挿入することが可能になります。あらかじめエクセル上に設定しておくと、更新ボタンを押すだけでデータを更新することができるので、レポート業務の時間の大幅な削減をすることが見込めます。

①まずaaにログインしたら、ツール>Report&Builderを開きます。

②「今すぐダウンロード」を押し、Report Builderをダウンロードします。

③ダウンロードが終わったら実際にエクセルを開き、アドイン>サインインを押します。

④「Report Builderへようこそ」と書かれたページが出てくるので、サインインします。

これでエクセル内でaaのデータを使って、レポートを作ることが可能になります。一度レポートを作ってしまえば更新するだけで最新レポートを作成できるので、ぜひ使ってみてください!

 

 

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics Business Practitionerが変わりました。

    はじめにAdobe Analyticsの試験であるBusiness…

  2. Adobe Analytics

    Ad Hoc Analysisを用いてセグメント作成を効率化する

    こんにちは、インターン生の丸山です。AAによる分析にあたり、セ…

  3. Adobe Analytics

    通算訪問回数とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は通算訪問回数について説明いたします。通算訪問回数とは…

  4. Adobe Analytics

    カスタムイベントとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はカスタムイベントの指標について説明します。カスタムイベン…

  5. Adobe Analytics

    ページでの滞在時間とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はページでの滞在時間について説明いたします。ページでの滞在…

  6. Adobe Analytics

    訪問者数とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は訪問者数について説明いたします。訪問者数とは期間中に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. ブログ

    初めましてのご挨拶と、業務内容のご紹介
  2. Tableau

    Tableau Tips〜データソースの置換〜
  3. IT用語集

    オンラインストレージ(Online Storage)って何?
  4. Tableau

    Tableau-折れ線グラフ
  5. Spread Sheets / GAS

    スプレッドシートで動的な縦持ちデータを作る〜GAS(GoogleAppsScri…
PAGE TOP