Adobe Analytics

異常値検出とは-Adobe Analyticsの指標説明

今回は異常値検出について説明いたします。

異常値検出とは
過去のデータの分析を元にした予測から外れる異常な値が出た場合に検出されることを示します。
分析の結果として予測された範囲からはみ出た場合に異常値として検出されます。
異常値はいつ、どれほど正常値から外れたのかを把握することができます。

指標を設定することで、それぞれの指標に対して異常値が発生していないかを把握することができます。

データの分析をする場合、データに異常値はないか調査し、存在していた場合はその原因を分析しなければなりません。異常値検出という指標を使用することで、異常値がないかデータを調査する作業を省くことができます。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    DataWarehouseについて

    はじめまして、インターン生の丸山です。Adobe Analyt…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics Business Practitionerが変わりました。

    はじめにAdobe Analyticsの試験であるBusiness…

  3. Adobe Analytics

    入口とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は入口について説明いたします。入口とはユーザがサイトを…

  4. Adobe Analytics

    バウンスと直帰-Adobe Analytics

    こんにちは!インターン生の藤本です。今日はバウンスと直帰につい…

  5. Adobe Analytics

    レポートビルダーを使ってデータを出す方法

    こんにちは!インターンの藤本です。今日はレポートビルダーを使っ…

  6. Adobe Analytics

    離脱リンクとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は離脱リンクについて説明いたします。離脱リンクとはリン…

PAGE TOP