Adobe Analytics

異常値検出とは-Adobe Analyticsの指標説明

今回は異常値検出について説明いたします。

異常値検出とは
過去のデータの分析を元にした予測から外れる異常な値が出た場合に検出されることを示します。
分析の結果として予測された範囲からはみ出た場合に異常値として検出されます。
異常値はいつ、どれほど正常値から外れたのかを把握することができます。

指標を設定することで、それぞれの指標に対して異常値が発生していないかを把握することができます。

データの分析をする場合、データに異常値はないか調査し、存在していた場合はその原因を分析しなければなりません。異常値検出という指標を使用することで、異常値がないかデータを調査する作業を省くことができます。

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Adobe Analytics

    デバイスとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はデバイスについて説明いたします。デバイスとは携帯電話…

  2. Adobe Analytics

    訪問者数とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は訪問者数について説明いたします。訪問者数とは期間中に…

  3. Adobe Analytics

    レポートビルダーを使ってデータを出す方法

    こんにちは!インターンの藤本です。今日はレポートビルダーを使っ…

  4. Adobe Analytics

    サイトセクションとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はサイトセクションについて説明いたします。サイトセクション…

  5. Adobe Analytics

    はじめてのAdobe Analytics実装

    前回までの3回のブログで、イメージリクエストやアクセス情報の取得の原理…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics 3つの主要指標

    こんにちは!インターンの藤本です。今日はAdobe Analyti…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. IT用語集

    アドイン(Add In)とアドオン(Add On)って何?
  2. 海外カンファレンス

    Adobe Summit 2018 参加レポート(M)
  3. Adobe Analytics

    出口とは-Adobe Analyticsの指標説明
  4. ブログ

    “Marketo”を使ってみて。パート2
  5. Adobe Analytics

    購入とは-Adobe Analyticsの指標説明
PAGE TOP