Adobe Analytics

入口とは-Adobe Analyticsの指標説明

今回は入口について説明いたします。

入口とは
ユーザがサイトを訪問したときの、カテゴリごとの最初の値を示します。

しかし、最初のヒットのみが入口の値となるわけではありません。
ランディングページにはなかったカテゴリに対して次ページでアクションを起こしても「入口」として記録されます。

以下のユーザ行動例に対して実際に計測される入口を記します。

測定方法:例
カスタムトラフィック1がランディングページAにあり、カスタムトラフィック2がページBにあるサイトがあるとします。

ランディングページA→カスタムトラフィック1にデータを入力→ページB→カスタムトラフィック2にデータを入力、とユーザが遷移した場合、「ページ」をディメンションとして捉えると「入口」となるのはランディングページAです。

しかし「カスタムトラフィック2」をディメンションとして捉えると「入口」となるのはページBの「カスタムトラフィック2」です。

なお、入口の指標を使い、「ページ」をディメンションとすると、どのページを入口としてユーザがサイトを訪問するのかを把握できます。また、それにバウンスの指標を追加することで「入口ページになりやすく、バウンスされやすいページ」が判明します。そのページの改善をすることでバウンス率の改善につなげることができます。
似たような指標に「入口ページ」があるのですが、その場合は「入口ページ」のみを対象としています。
「入口ページ」で訪問回数の指標を選択した場合、それは入口数を示していることになります。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Report&Analytics グラフについて

    こんにちは!インターン生の藤本です。私は、最近ACEの試験(R…

  2. Adobe Analytics

    レポートビルダーを使ってデータを出す方法

    こんにちは!インターンの藤本です。今日はレポートビルダーを使っ…

  3. Adobe Analytics

    バウンスとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はバウンスについて説明いたします。バウンスとはサイトを…

  4. Adobe Analytics

    サイトセクションとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はサイトセクションについて説明いたします。サイトセクション…

  5. Adobe Analytics

    異常値検出とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は異常値検出について説明いたします。異常値検出とは過去…

  6. Adobe Analytics

    訪問回数 とは-Adobe Analyticsの指標説明

    これから、この場をお借りして私が学んだことを書いていきます。よろし…

PAGE TOP