Adobe Analytics

サイトセクションとは-Adobe Analyticsの指標説明

今回はサイトセクションについて説明いたします。

サイトセクションとは
ディレクトリ、フォルダのまとまりを示しています。
URLが「http://www.xxx.com/news/weather」となっている場合、「news」がサイトセクションに相当します。「weather」はページに相当します。サイトセクションはページ単位よりも大きなくくりとなっています。

例えば、日本の観光地について説明をするサイトがあり、東京都、大阪府、愛知県などと枝分かれし、そこからさらにそれぞれの都道府県に存在する観光地へと枝分かれするサイトがあるとします。
この場合、ページに相当するのはそれぞれの観光地のページで、サイトセクションに相当するのは都道府県の部分です。

サイトセクションの単位でのPVは、サイトセクションの下に構成されるページのPVの合計となります。
また、同一サイトセクション内のみの回遊の後にサイトを離脱といった場合は直帰とみなされます。

サイトセクションという指標を使用することで、ユーザの興味のジャンルを効率よく把握することができます。したがって、サイトセクションの後にページの指標を見ることをおすすめします。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics-分析ワークスペースの使い方

    こんにちは!インターン生の藤本です。今回はフリーフォームを使用した…

  2. Adobe Analytics

    はじめてのAdobe Analytics実装②

    前回勉強した内容をもとに、今回は実際にエクスチュアのs_code.js…

  3. Adobe Analytics

    ページとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はページについて説明いたします。ページとはサイト内の各…

  4. Adobe Analytics

    入口とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は入口について説明いたします。入口とはユーザがサイトを…

  5. Adobe Analytics

    GA(Google Analytics)とAA(Adobe Analytics)って何?

    はじめに現在のアクセス解析ツールにおいては、GA(Google A…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics 指標について

    今日はAdobe Analyticsで使われている指標について説明した…

PAGE TOP