Python

市区町村一覧・自治体の一覧を取得する

最初に

顧客マスタには郵便番号や市区町村をデータを持っていることが多いですが、それに加えてオフライン店舗の場合実際の交通時間という軸で見たら違う傾向が見えるときもあります。

ではそのような分析のためにはどのようにすればよいでしょうか。順に追っていきましょう。

目標

①市区町村のマスタを作る。

②Google MAP Direction API とTableauを用いて可視化する。

今回は①です!市区町村一覧・自治体の一覧を取得する(Python)-Qiitaとほぼ同内容(自記事+αです)

実践

必要なライブラリをインポートしたのち、RESAS-APIの市区町村APIでPrefCode=1として実験してみましょう。

よさそうですね。それでは全都道府県分書き込んでみましょう。

これで市町村一覧完成です!

が、 次回のためにもうひと作業します。

df1 = df[df["bigCityFlag"] != 2]
df2 = df1[(df1["prefCode"] >= 8) & (df1["prefCode"] <= 14)]

として関東の1都6県を抜き出してあげてGeoCoding-APIを叩いて各自治体の役所の緯度経度を取得してあげます。

これに、都道府県マスタ(RESAS-APIからこちらも作れます!)をLEFT JOINしてあげて…

完成です!
では、次回以降はこの表を使って可視化を進めてみたいと思います。

参照サイト

RESAS-API :https://opendata.resas-portal.go.jp
GeoCoding-API : https://www.geocoding.jp/api/

関連記事

  1. ブログ

    「Power BI」を用いたダッシュボードの作成!②

    こんにちは!インターンの山本です。前回は「Power BI」を…

  2. Python

    Python クローリング&スクレイピング

    最初に顧客マスタのデータに別の角度から考察を加えたいとき、外部から…

  3. ブログ

    FABフレームワークで「缶コーヒー」をビジネスマンに売る

    FABフレームワークとはFABとは、「Features=機能・特徴…

  4. Python

    PyTorchのキホンを理解する

    PyTorchのキホンを理解するNumpyのndarray(多次元…

  5. ブログ

    DirectionAPI+Tableauでドライブ時間の可視化(前編)

    市区町村一覧・自治体の一覧を取得する(Python)の続きです!目…

PAGE TOP