IT用語集

最速で理解したい人のためのIT用語集

皆さんこんにちは!インターンの與那覇(よなは)です
今回は数々のIT用語サイトを網羅してどこよりもわかりやすいIT用語集を作成しました!
ぜひこのページをブックマークしIT関連の勉強に役立てて下さい〜
ア行】【カ行】【サ行】【タ行】【ナ行】【ハ行】【マ行】【ヤ行】【ラ行】【A〜Z

【ア行】

アーカイブ(Archive):ファイルの内容を保ったまま、データ量を縮小して別の場所に保存すること。
アイデンティティ管理(Identity Management):IDやパスワードを一元的に管理するシステム。
アクセス管理(Access Management):アクセス要求、検証、ID・権限の付与、監視、ログの取得・追跡というプロセスでユーザーを管理するシステム。権限を持つ者のみがアクセス可能。
アドイン(Add In):ソフトウェアに機能を追加するプログラム。またはその手続き。
アドオン(Add On):アドインと同意語。
アドビアナリティクス (Adobe Analytics):アクセス解析ツールの一つで、多くの大規模webサイトに導入されている。Google Analyticsに比べて管理機能に優れており、他に複数アカウントを設定して閲覧や操作権限が振り分けられるという特徴を持つ。
アプライアンス(Appliance):特定の機能や用途に特化した専用機器。不要な機能を削減しているため安価で高性能という特徴を持つ。
アプリケーション仮想化(Application Virtualization):ユーザーが使用するアプリケーションを、ユーザーのPC上ではなくサーバ側で保管・配布するシステム。アプリケーションを一括管理でき、他の端末から使用できるためセキュリティ面に優れているという特徴を持つ。
アベイラビリティ(Availability):システムが正常に作動する時間。可用性。
イーサネット(Ethernet):LANで使われている技術。有線LANケーブル。
インジェクション攻撃(Injection Attack):コンピュータプログラムが無効なデータを処理した場合に、出現するバグを、攻撃者が悪用し不正な命令を実行させる攻撃手法。
インスタンス(Instance):クラスを具現化した実態のこと。一台のPC環境(仮想化されているものも含む)。
インスタンス化(Instance):クラスからオブジェクトを作ること。
インターフェイス(Interface):人間とコンピュータが接する部分のこと。キーボードやマウスなど。
インプリメント(Implement):ハードウェアやソフトウェアに新しい機能や仕様、部品などを組み込むこと。実装。
インベントリ(Inventory):情報データを一覧にしたもの。またはその機能。
インポート(Import):他のアプリケーションで作成したファイルの読み込み。
ウォームスタンバイ(Warm Standby):通信機器の障害対策として、電源を入れた予備機を用意すること。
エクスポート(Export):他のアプリケーションソフトが解釈できる形式でファイルを保存する機能。
エンタープライズサーチ(Enterprise Search):企業内の情報を横断的に検索するシステム。
オーバーロード(Overload):戻り値、引数の数、型の違う同名のメソッドを同時に多重定義すること。
オープンシステム(Open System):色々なメーカのコンピュータ・ソフトウェア・周辺機器を組み合わせて使えるシステム。ユーザーが自由にシステムを構築できるという特徴を持つ。
オブジェクト(Object):データと処理の集まり。
オブジェクトコード(Object Code):コンピュータ上で実行可能な形式に変換したコード。
オブジェクト指向(Object-Oriented):プログラムを手順ではなく、オブジェクトの作成と操作としてみる考え方。
オプティマイズ(Optimize):システムの効率化を図ること。
オンデマンド(On Demand):利用者の要求に応じてサービスを提供すること。
オンラインストレージ(Online Storage):インターネット上でデータ保管用のストレージを提供するサービス。Dropboxなど。

【カ行】

カーネル(Kernel):OSの中核を構成するソフトウェア。プログラムの起動準備や終了後、メモリの割り振り、複数のプログラムの実行を切り替えたりしている。ソフトウェアとハードウェアの間で情報を整理する役割。
カスタマージャーニー(Customer Journey):顧客が自社の商品を購入するまでのプロセス。
仮想化(Virtualization):サーバやメモリなどのコンピュータの物理的な資源を、要求に応じて柔軟に割り振る技術。その資源を論理的に分割し効率化することで、一つの装置で複数の装置分の役割を果たすことができる。
仮想マシン(Virtual Machine):仮想的に作られたハードウェア。サーバマシンの台数削減・管理コスト削減・安全性が高いという特徴を持つ。あるPC上で別のPCのサービスの稼働を確認したりする際に使われる。
仮想メモリ(Virtual Memory):実際に搭載されているメモリ容量が足りなくなった時に、ハードディスクの一部がメモリとして変形したファイル。
カプセル化(Encapsulation):データの内部構造を外部から参照できないようにし、データ操作のみを外部に提供すること。
カラム(Column):表の縦の列。
キッティング(Kitting):コンピュータや通信機器などを導入する際に必要な作業。配備。
キャッシュ(Cache):使用頻度の高いデータを高速な記憶装置に蓄えておくシステム。
共通鍵(Common Key):共通鍵暗号で使用される共通の暗号鍵。
共通鍵暗号(Common Key Cryptography):暗号化と復号化に共通の鍵を使う暗号方式。
グーグルアナリティクス (Google Analytics):アクセス解析ツールの一つで、多くの大規模webサイトに導入されている。グーグルアカウント保持者であれば誰でも利用することができ、無料版でもほぼ全ての解析機能が使えるという特徴を持つ。
クエリ(Query):データベースからデータを抽出したり操作したりといった処理を行うための命令。問い合わせ。
クッキー(Cookie):サイト訪問者のコンピュータに訪問日時、回数などの簡単な情報を一時的に保存させる仕組み。
クラス(Class):オブジェクトの設計書のようなもので、プロパティやメソッドの集合体。
クラスタ(Cluster):大量のデータから似ているものを集めて自動的に分類すること。
クラスタリング(Clustering):複数のコンピュータをまとめて1台のコンピュータシステムとしたもの。
グリッドコンピューティング(Grid Computing):複数のコンピュータに仕事を振り分けて全体のコンピュータのように扱うこと。各コンピュータの性能は低くても大量のデータを高速に処理できるという特徴を持つ。
グループウェア(Groupware):組織内でのスケジュールやタスクなどの共有やコミュニケーションを目的としたソフトウェア。
クローリング(Crawling):ロボット型検索エンジンにおいて、プログラムがインターネット上のリンクを辿って、Webサイトを循環し、Webページ上の情報を複製・保存すること。
クロスドメイン(Cross Domain):ドメインが2つ以上にまたがっている状態。例えば、ネット通販ではトップページと入力フォームが異なることがあったり、コンピュータの使用言語よってドメインが変化したりする。
クロスデバイス(Cross Device):コンテンツやデータなどを様々な端末で共有すること。
検疫ネットワーク(Quarantine Network):社内ネットワークに接続するPCを検査するセキュリティツール。
検索エンジン(Search Engine):インターネットの情報を検索する機能。Google、Yahooなど。
ゴー言語(Go Language):C言語の置き換えとしてGoogleが開発したプログラミング言語で、学習の容易で実用性が高い特徴を持つ。2018年に発表された正社員の言語別年収ランキングでは、1位を獲得した。
コード(Code):プログラミング言語で書かれた文字列。プログラムの設計書。
コールドスタンバイ(Cold Standby):通信機器の障害対策として、電源を入れていない予備機を用意すること。
公開鍵(Public Key):公開鍵暗号で使用される暗号鍵の組のうち、一般に公開する鍵。
公開鍵暗号(Public Key Cryptography):暗号化と復号化に別の鍵を使う暗号方式。
コホート分析(Cohort Analysis):何らかの条件でユーザーをグループに分け、行動の変化を長期的に分析すること。
コマンド(Command):コンピュータへの命令。
コマンドプロンプト(Command Prompt):コマンドを用いてPCの設定や操作を行うためのツール。
コロケーション(Collocation):サーバや通信機器などを共同の場所に設置すること。
コンソール(Console):コンピュータの操作に用いる入出力装置。ディスプレイ、キーボードなど。
コンポーネント(Component):ソフトウェアやシステムの部品や要素。
コンテナ(Container):データやオブジェクトなどをまとめて収納するためのデータ構造やクラス。
コンバージョン(CV):Webサイトを訪問した人が商品を購入したり、資料請求したりすること。
コンパイル(Compile):コンピュータが実行するのに適した形式に変えて、実行可能なファイルに変換する事。
コンピュートエンジン (Compute Engine):Googleのサービス上で仮想マシンを簡単に作成できるサービス。Googleアカウント一元管理・ライブマイグレーション・高速性・大規模クラスタ対応などの特徴を持つ。
コンフィギュレーション(Configuration):IT機器などの設定をすること。

【サ行】

サーバー(Server):サービスを提供するコンピュータ。
サードパーティデータ(Third Party Data):自社以外のサイトから収集した顧客に関するデータ。
サブルーチン(Subroutine):プログラムの中で繰り返し使われる、特定の機能を持った独立したプログラム。デバッグが容易になり、同じ記述を何度も書く必要がなくなるという特徴を持つ。
サマリー(Summary):大規模なデータを集計したもの。要約。
シー言語(C lang):ゲームの開発やロボット制御などが得意な人気プログラミング言語。学習難易度は高いが、とても高速なアプリケーションを作成することができる。
シーシャープ(C#):ゲーム開発を専門とする人気プログラミング言語。名前がややこしいがC言語との互換性はない。
シープラプラ(C++):C言語が改良されたもの。機能は若干異なるが、より人間が操作しやすい仕組みとなっている。
シームレス(Seamless):複数の機能やサービスを一つのものとして扱える状態。継ぎ目がない。
シェル(Shell):ユーザーの操作による指示をカーネルに伝える役目を持つソフトウェア。
ジャバ(Java):世界有数の人気プログラミング言語。記述量が多く設計が複雑だが、業務システム開発、Androidアプリ開発、Webアプリケーション開発などその用途は多岐にわたるという特徴を持つ。
ジャバスクリプト(JavaScript):Web上で操作確認ができる世界有数の人気プログラミング言語。スマホアプリやサーバサイドの管理部分など、その使い道は多岐にわたる。
シンクライアント(Thin Client):ユーザーが使用する端末の機能は必要最低限に留め、サーバ側で処理を行う仕組み。
スイッチ(Switch):通過するパケットの情報から送り先を特定し、パケットを送り先と関係のある送信ポートのみに流す機能を持つネットワーク機器。
スウィフト(Swift):Appleが開発したApple製品上のアプリ開発に特化したプログラミング言語。Appleが販売しているPCでしか開発できないという特徴を持つ。
スキーマ(Schema):情報の構造を定義するための記述。
スケーラビリティ(Scalability):大規模化してもコストが増えないこと。拡張性。
スケールアウト(Scale Out):サーバの台数を増やし分散処理によってシステム全体の処理能力を高めること。
スケールアップ(Scale Up):サーバのCPUやメモリの増強をすることで処理能力を高めること。
スコアリング(Scoring):個々の見込み客が持つ自社への価値を予測し、その価値に準じて点数化すること。
ステップ(Step):プログラムを構成する一つ一つの命令や演算、条件判定、関数呼び出しなどの処理。
ストレージ(Storage):データを保管・保存する場所。貯蔵。
ストレージ仮想化(Storage Virtualization):分散している複数のストレージを一台のストレージとして利用すること。
スパイウェア(Spyware):ユーザーのPC上の行動を監視し、勝手に情報を外部に送信するソフトやプログラム。
スパム(Spam):無差別で本人の了承を得ずに一方的に営利目的の広告を送ること。
スプレッドシート(Spread Seat):セルが並んだ表。財務管理・販売管理に使われる。
スマートデバイス(Smart Device):計算処理だけでなく、あらゆる性能を装備した多機能端末。
スループット(Throughput):単位時間あたりの処理能力。
スワップファイル(Swap File):仮想メモリを使う際に、データを特殊な形に変形させたファイル。
セカンドパーティデータ(Second Party Data):他社が収集したデータ。
セッション(Session):Webサイトにアクセスして行う一連の行動。
絶対パス(Absolute Path):URLでページを指定して、最上位階層から目的がどこにあるかを示す方法。外部サイトへのリンクを自分のサイトに記載したい場合に使われる。時間的コストはかかるが、誰がみてもどこに何があるかわかるという特徴を持つ。
相対パス(Relative Path):今いる階層を基準として目的までの道順を示す方法。一般的なWebサイト開発に使われる。時間的コストはかからないが、どこに何があるかわかりにくいという特徴を持つ。
セグメント(Segment):全体を何らかの条件で分割した固まり。
セキュリティーホール(Security Hole):コンピュータシステム上の弱点。
ゼロデイ攻撃(Zero Day Attack):ソフトウェア上の弱点が発見されてから、その対策が講じられる前にその弱点を狙う攻撃。
ソースコード(Source Code):プログラミング言語で書かれた文字列。プログラムの設計図。
ソフトウェア(Software):システム構成要素のうち、実態を伴わないもの。Windows、アプリなど。

【タ行】

タイムスタンプ(Time Stamp):ある出来事が発生した日時・日付・時刻を示す文字列。
ダッシュボード(Dashboard):複数のデータを集め、概要を一覧表示する機能や画面、ソフトウェアなど。
タブロー(Tableau):BIツールの一つで、プログラミングをせず直感的な操作だけで、データをビジュアル化できるという特徴を持つ。
ディザスタリカバリ(Disaster Recovery):被害を受けたシステムを復旧すること。
ディレクトリ(Directory):ハードディスクなどの記録メディア上のファイルの保存場所。
データセット(Dataset):プログラムで処理されるデータのまとまり。
データソース(Data Source):アプリで操作・使用するデータ。
データフィード(Data Feed):自社で保有している商品データを配信先のフォーマットに変換して送信する仕組みのこと。各人に最適化されたコンテンツを提供することを目的としていて、複数の媒体に最適な商品をタイムリーに配信する広告戦略には欠かせない。
データマート(Data Mart):企業内のデータのうち、目的別に抜き出された使い勝手の良いデータベース。
データマイニング(Data Mining):膨大なデータから有益な情報を探す技術。
テーブル(Table):Excelのような表。
データベース(Data Base):一定の形式で整理された情報の集まり。
テキストマイニング(Text Mining):テキストデータを単語や文節で区切り、それらの出現頻度や共出現の相関などを解析すること。日本語は英語のように単語間にスペースがなく、敬語や方言などがあるため不向き。
デグレード(Degrade):新しいソフトウェアの品質が以前より悪くなること。
デジタルサイネージ(Digital Signage):デジタル技術でディスプレイに映像や文字を表示する広告媒体。
デスクトップ仮想化(Desktop Virtualization):PCなどのクライアント環境をサーバー側で集中管理する技術。
デバッガ(Debugger):コンピュータ上のエラーを発見・修正するソフトウェア。
デバッグ(Debug):プログラムをテストしてバグを発見し、取り除くこと。
トークン(Token):プログラミングではソースコードを解析する際の最小単位。ネットワーク制御では送信権を意味する特殊な信号やデータ。セキュリティではユーザー認証を行うための認識媒体を意味する。
ドキュメント(Document):文字や図表、写真などを組み合わせて作成されたデータやファイル。
ドメイン(Domain):インターネット上にあるコンピュータやネットワークを識別するための名前。
ドライバ(Driver):周辺機器を動作させるためのソフトウェア。OSにハードウェアを認識させるファイルでメーカー製のPCにはOSとともに出荷前からインストールされている。
トラップ(Trap):プログラムに異常が発生した場合、実行中のプログラムを中断し予め定められている処理作業へ自動的に制御を移す動作。
トラフィック(Traffic):通信回線やネットワーク上で送受信される信号やデータ。
トランザクション(Transaction):複数の関連処理を一つの処理単位としてまとめたもの。
トリガー(Trigger):何らかの動作を開始するためのきっかけとなる命令や信号。引き金。

【ナ行】

ナレッジマネジメント(Knowledge Management):個人が持っていた知識や経験を企業内で共有し、社内全体の生産性向上につなげるマネジメント。
ネスト(Nest):コンピュータプログラムやデータ構造において、ある構造の内部に同じ構造が含まれる状態。別名、入れ子。
ネットワーク仮想化(Network Virtualization):ネットワークの回線や機器を仮想化すること。または、ソフトウェアの制御によりネットワークを構築すること。

【ハ行】

パーサ(Parser):プログラムのソースコードなどを解析し、プログラムで扱えるようなデータ構造に変換するプログラム。ライブラリのように何らかの処理をするための前段階として使われることが多い。
パース(Parse):パーサの処理。
ハードウェア(Hardware):システム構成要素のうち、実態を伴うもの。ディスプレイ、キーボードなど。
パイソン(Python):シンプルかつ学習難易度が低い今世界で最も勢いのあるプログラミング言語。機械学習や統計分析を得意とし、2018年に発表された正社員の言語別年収ランキングでは、3位を獲得した。
パイチャート(Pie Chart):円グラフ。
バイナリ(Binary):コンピュータが理解しやすいように2進数に変換された情報。
ハイパーバイザ(Hypervisor):コンピュータを仮想化するためのソフトウェア。
ハウジング(Housing):データセンターを持つ事業者が、顧客のサーバーを設置するスペースを貸すサービス。
パケット(Packet):データ通信の際のデータ通信量の単位。1パケット=128KB。
パス(Path):ファイルやフォルダがおいてある場所、またはファイル名。
バックアップ(Backup):万が一に備えデータをあらかじめ複製しておくこと。
バブルソート(Bubble Sort):隣の要素と数の大きさを比較してデータを昇順または降順に並び替えること。
バナー(Banner):Webページに表示されるWebサイトの広告やリンクの画像。垂れ幕。
パラメータ(Parameter):外部から投入されるデータ。媒介変数、母数、引数など。
ピーエイチピー(PHP):多くのWebサービスで利用されている世界有数の人気プログラミング言語で、Webサイトを部分的に改善したい時に使われる。シンプルで学習コストが低く、軽量なため様々な環境で使用できるという特徴を持つ。
ビーコン(Beacon):電波を電子機器で受信することにより、位置情報をはじめとした様々な情報を取得するための機器および設備。Bluetoothという信号の発信機。
ヒートマップ(Heat Map):個々のデータの値を色として表現したグラフ。
引数(Argument):関数やメソッド、サブルーチンなどを呼び出すときに渡す値。
ピクセル(Pixel):画素。画素数が多いほど綿密で画像の質が高い。
ビッグクエリ(Big Query):Googleが提供するビッグデータ解析サービスの一つ。数テラバイトに及ぶデータセットに対し、SQLに似たクエリを実行し、数秒〜数十秒程度で結果を返すという特徴を持つ。
秘密鍵(Secret Key):公開鍵暗号で使用される暗号鍵の組のうち、管理者のみが保持する鍵。
ビルド(Build):ソースコードのコンパイルやライブラリのリンクなどを行い、実行ファイルを作成すること。
ファーストパーティデータ(First Party Data):自社が収集したデータ。
ファイヤウォール(Fire Wall):ネットワーク上で不正アクセスをブロックするためのシステム。
ファネル(Funnel):広く集客した上で、ふるいにかけられた見込み客が購入するまでの過程で少数になっていくこと。
フィールド(Field):異なる種類のデータが集まった構造体における個々の項目。
フィッシング(Phishing):国や機関などの正規メールやWebサイトを装い、機密情報を搾取すること。
フィルター(Filter):特定のデータを除いたり、識別したりすること。
フェイルオーバー(Failover):稼働中のシステムが故障した際に予め用意していた待機システムに切り替える機能。
フォールアウトレポート(Fall out report):フォールアウト(離脱)の率や原因の分析結果の記録。
フォルダ(Folder):ディレクトリと同じ意味に加え、オブジェクトの入れ物という意味も持つ。
フラッシュメモリ(Flash Memory):電気的にデータを置き換えることが可能で、電力がなくてもデータを保持することができる半導体メモリ。コンピュータの外部記憶装置に用いられる。
プラットフォーム(Platform):アプリケーションが動く環境。
フレームワーク(Framework):土台として機能するソフトウェア。枠組み。
プロキシ(Proxy):インターネットのアクセスを中継する装置、またはソフトウェア。
プロット(Plot):データを図表上に示すこと。
プロトコル(Protocol):コンピュータ同士が通信をする際の手順や規約などの約束事。
プロパティ(Property):あるファイルやデータなどのオブジェクトが持つ特性。
ポータルサイト(Portal Site):インターネット上にあるコンテンツなどへの入り口となるWebサイト。Yahoo Japanなど。
ホスティング(Hosting):通信事業者が保有するサーバーをネットワーク経由で顧客に貸し出すサービス。
ホットスタンバイ(Hot Standby):同じソフトウェアが稼働するマシンを2台用意し、片方に障害が発生した時に処理を代替させる仕組み。
ホットプラグ(Hot Plug):PCの電源を入れたまま周辺機器の取り外しができること。
ポリモーフィズム(Polymorphism):同名のメソッドや型などをオブジェクトの種類に応じて使い分けること。

【マ行】

マークアップ言語(Markup Language):視覚表現や文章構造を記述するための言語。文字や2進数で書かれる。
マージ(Merge):複数のデータを一つにまとめること。合併。
マイグレーション(Migration):システムやデータを新しい環境に移転すること。
マウスフロー(Mouseflow):Mouseflow社が提供するWebサイト分析ツール。感覚的に使いやすいデザインで、各ユーザーの動きを把握しサイトの利便性を高めることを目的とする。
マウント(Mount):ハードディスクなどの外部周辺機器を、コンピュータからアクセスできる状態にすること。
マルチホーミング (Multihoming):外部のネットワークへ複数の経路を使って接続すること。回線負荷の軽減が期待できるが、特殊な機器を使用したり複雑な設定をしなければならないという特徴を持つ。
ミドルウェア(Middleware):アプリケーションとOSの中間的な処理を行うソフトウェア。
メインフレーム(Mainframe):大規模な処理をするための大型コンピュータ。
メインルーチン(Main Routine):全体プログラムの始めに呼び出されるプログラムのこと。
メソッド(Method):各オブジェクトにおける処理や操作の事。方法という意味の英単語。
メモリ(Memory):コンピュータの記憶装置。
モジュール(Module):全体のうちの、部分的なプログラム。
モダナイゼーション(Modernization):古い情報システムを現在のIT技術に対応させること。

【ヤ行】

ユーザビリティ(Usability):コンピュータの使いやすさ。
ユビキタス(Ubiquitous):あらゆるものにICチップを埋め込み、常に情報を送受信できるようにすることで、今までにない便利な社会を実現するというコンセプト。

【ラ行】

ライブマイグレーション(Live Migration):仮想マシンを起動させたまま、別のサーバーに移動して処理を継続させる機能。
ライブラリ(Library):プログラミング言語において、よく利用する関数や機能、データをまとめたファイル。
リーチ(Reach):一定期間に広告を見た人の数。
リード(Lead):見込み客。
リードクオリフィケーション(Lead Qualification):見込み客全体の中から購入可能性の高い見込み顧客を選別すること。
リードジェネレーション(Lead Generation):見込み客を獲得するための行動。
リードナーチャリング(Lead Nurturing):見込み客を顧客にすること。
リカバリ(Recovery):PCを初期状態に戻すこと。復旧。
リストア(Restore):リカバリと同意語。
リッチクライアント(Rich Client):業務データの処理をクライアント側で実行するWebアプリケーション。
リファラ(Referrer):あるページからあるページに移動した時の元のページ。
リファレンス(Reference):マニュアルで使われている場合、参考文献を指す。プログラムでは、別に用意された定数や関数を参照すること。
リモートアクセス(Remote Access):遠隔のコンピュータにネットワーク経由で接続すること。
リロード(Reload):データを読み直すこと。
ルータ(Router):複数のネットワーク間を相互接続する通信機器。
ルート(Root):OSにおいて管理者の権限を持つアカウント。または最上階層のディレクトリやフォルダ。
ルートパス(Root Path):最上位階層から目的がどこにあるのかを示す方法。大規模案件の開発に使われる。相対パスよりも時間的コストがかかるが、誰がみてもどこに何があるかわかりやすいという特徴を持つ。
ルックアライクモデリング(Look alike Modeling):サイト訪問者や、その訪問者に似た行動をする者の特徴を掴むこと。
ルビー(Ruby):読み書きがしやすく、海外で需要が多い人気言語。Webサービス、スマホアプリやゲーム、業務アプリを得意としていて、サーバーなどの汎用性が高い知識が身につくという特徴を持つ。
レガシーシステム(Legacy System):時代遅れとなった古いシステム。
レコード(Recode):複数の要素を一つにまとめたデータ構造。
レポート(Report):データに対して処理を行い文章や画面にまとめたもの。報告書。
レンダリング(Rendering):数値データの演算により、画像を生成し表示させること。特に3次元グラフィックスで立体物に色や影を作ること。
ロー(Row):表の横の列。行。
ローカルファイル(Local File):自分のコンピュータの中にあるファイル。
ロード(Load):読み込み。
ロードバランサ(Load Balancer):データ処理を複数の装置に振り分け一台当たりの負荷を減らすこと。
ログ(Log):コンピュータに残される記録。

【A〜Z】

ABI(Application Binary Interface):ソフトウェアの互換性を保証する規約やインターフェイス。
ACL(Access Control List):利用者のアクセス制限をまとめたリスト。
API(Application Programming Interface):ソフトウェアの(特定の)機能を共有する仕組み。
ASP(Application Service Provider):ソフトウェアのレンタル業者。
AWS(Amazon Web Service):Amazonのクラウドサービスで、世界中のインフラの基盤となっている。
BGP(Border Gateway Protocol):外部のネットワークと情報交換をする際に用いられる約束事。
BIツール(Business Intelligence Tool):各業務システムから蓄積される膨大なデータを自動的に分析、収集、加工し、企業経営における意思決定を支援するシステム。
BIOS(Basic Input / Output System):PCの電源を入れた時に最初に起動されるプログラム。
BPM(Business Process Management):企業の業務の流れを分析し、最適化すること。
BYOD(Bring Your Own Device):従業員が所有しているデバイスを業務でも利用すること。
CAD(Computer Aided Design):設計や製図をコンピュータ上で行うこと。
CAE(Computer Aided Engineering):コンピュータ上で試作品を作りシュミレーションすること。
CAM(Computer Aided Manufacturing):コンピュータを用いて何かを製造すること。
CMS(Content Management System):Webサイトを管理・更新するシステム。
CPU(Central Processing Unit):コンピュータの中枢部。高性能であれば処理速度が大きい。
CRM(Customer Relationship Management):売上に貢献する優良客を増やすこと。
CSV(Comma Separated Values):いくつかのフィールドや項目をカンマ「,」で区切ったテキストデータおよびテキストファイル。拡張子は.csv
CTI(Computer Telephony Integration):電話系装置の機能を利用できるようにする技術。
CUI(Character User Interface):文字やコマンドを入力してコンピュータとやり取りをすること。コマンドプロンプトなど。
DaaS(Desktop as a Service):パソコンのデスクトップ環境をクラウドで提供すること。即座に低コストで利用できるが、アプリとの互換性がない場合があり、大容量データの転送は遅くなるという特徴を持つ。
DDoS攻撃(Distributed Denial of Service Attack): DoS攻撃の分散型。
DCHP(Dynamic Host Configuration Protocol):クライアントPCに対し、IPアドレスを割り振る機能。
DLP(Data Loss/Leak Prevention):機密情報を自動的に特定し、それが外部に持ち出されようとする時にブロックする仕組み。
DMI(Desktop Management Interface):コンピュータシステムを管理するための規定。
DMP(Data Management Platform):インターネット上に蓄積されたユーザーデータを管理するためのプラットフォーム。
DMZ(Demilitarized Zone):社内ネットワークと外部ネットワークの中間に置かれるネットワーク領域。
DNS(Domain Name System):ドメインとIPアドレスを対応づけて管理するシステム。
DoS攻撃(Denial of Service Attack):サーバやネットワーク機器に対して意図的に過剰な負荷をかける攻撃。
DRAM(Dynamic Random Access Memory):データを記録する読み書き可能な半導体メモリ。データ保持のために一定時間毎に再書き込みが必要で、大容量かつ安価という特徴を持つ。
DRM(Digital Rights Management):デジタルデータにおける著作権管理技術。
DSN(Data Source Name):データベースの接続情報につけられる識別用の名前。
DTD(Document Type Definition):文章の型を定義するもの。
DTM(Dynamic Tag Manager):Adobeが提供するタグマネージャー。データとロジックを分離して管理できる他、複数の条件に合致したイベントの計測が容易にでき、Adobe Marketing Cloud製品やGoogle Analyticsなどとの親和性が高いという特徴を持つ。
DWH(Data Warehouse)企業内で蓄積されたデータが1つの場所で整理されているデータベース。
EAI(Enterprise Application Integration):企業内でビジネスプロセスやデータを連結させる仕組み。
ECサイト(Electronic Commerce Site):ネット通販サイトの総称。
EDA(Electronic Design Automation):半導体や電子機器の設計作業を自動で行うこと。
EDI(Electronic Data Interchange):企業間でお互いの取引情報を専用回線で接続し自動化した仕組み。
EIP(Enterprise Information Portal):企業内のデータをWebブラウザなどのクライアントソフトから一括して閲覧できるようにする仕組み。
EOL(End of Life):製品の生産終了やソフトウェアのサポート終了を意味する。
EOS(Electronic Ordering System):電子発注システム。
ESB(Enterprise Service Bus):既存のアプリケーションを分割し、それを組み合わせて新しいアプリケーションを構築する設計。
ETL(Extract Transform Loading):データの抽出、変換、読み込みという処理工程を表したもの。
FTP(File Transfer Protocol):サーバーとクライアント間で、ファイルを送受信する通信の約束事。
GAS(Google Apps Script):Googleが無料で提供するjavascriptベースのサーバーサイドのプログラミング環境。開発不要で、Googleサービス・外部アプリケーションと連携が良いという特徴を持つ。
GCE(Google Compute Engine):Googleが提供する時間当たりの課金で仮想マシンをレンタルするサービス。
GCP(Google Cloud Platform):Googleがクラウド上で提供するサービス群の総称。
GTM(Google Tag Manager):Googleが無料で提供する様々なタグを一元管理できるツール。
GUI(Graphical User Interface):グラフィックや図法を使ってコンピュータとやり取りをすること。スマホ、PCなど。
HaaS(Hardware as a Service):サーバやネットワーク回線などに必要なハードウェアを提供するサービス。利用者の業務システムに応じて必要なOSだけをインストールするという特徴を持つ。
HDD(Hard Disk Drive):データを読み書きする記憶装置の一つ。安価で容量が大きいという特徴を持つ。
HTML(Hyper Text Markup Language):Webページを記述するためのマークアップ言語。Webページに装飾を施すのが目的で、人間に情報をわかりやすく伝えるという特徴を持つ。
HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure):HTTPが暗号化されている状態。
IaaS(Infrastructure as a Service):仮想サーバ、ハードディスク、ファイヤーウォールなどのインフラを提供する事。PaaSに比べて専門的な知識を必要とし、自由度が高いという特徴を持つ。
IDS(Intrusion Detection System):侵入検知システム。ネットワークに外部から不正なアクセスがあった場合に管理者に通知する仕組み。
IoT(Internet of Things):あらゆるモノがインターネットに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組み。
IPA(Internet Protocol Address):IPアドレス。インターネットに接続された機器が持つ番号。
IPS(Intrusion Prevention System):侵入防御システム。ファイヤウォールで防げないものも防ぐことができるという特徴を持つ。
JDBC(Java Database Connectivity):Javaとデータベースの接続のためのAPI。
KBO(Key Business Objectives):ビジネスゴールからやるべきことを落とし込んでいったもの。
KGI(Key Goal Indicator):重要目標達成指標。企業全体の戦略的な目標設定。
KPI(Key Performance Indicator):重要業績評価指標。業務レベルにおける具体的な目標設定。
LOD(Level of Detail):詳細レベル。計算のまとまりを指す。
LP(Landing Page):検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページ。
MA(Marketing Automation):デジタルマーケティングの一部を自動化するシステム。
M2M(Machine to Machine):機械同士が相互に情報をやり取りすること。
NAS(Network Attached Storage):ネットワーク接続のストレージ装置。
NGN(Next Generation Network):電話・データ通信・ストリーミング放送が融合した次世代ネットワーク。
ODBC(Open Database Connectivity):RDBMSにアクセスするためのAPI。
OLTP(Online Transaction Processing):大量のデータをオンラインで高速に処理するシステム。
OS(Operating System):アプリやデバイスを動作させるための基本的なソフトウェア。全てのアプリケーション・ソフトウェアのベースとなっているもの。
PaaS(Platform as a Service):開発に必要なネットワークのインフラ、OSなどのプラットフォームを提供する事。必要な環境が揃っているのでプログラムを作ることに集中できるという特徴を持つ。
PDM(Product Data Management):製品に関するデータを一元的に管理するシステム。
PKI(Public Key Infrastructure):公開鍵暗号を正しく発行し、配布するシステム。
POC(Proof of Concept):新しい概念が実現可能であることを示すための簡単な試行。
P2P(Peer to Peer):全てのコンピュータが対等な立場でデータをやり取りするシステム。
QoS(Quality of Service):ネットワーク上で提供するサービス品質。
RAM(Random Access Memory):コンピュータが処理で使う一時的な記憶域。自由にデータの読み書きができるが、PCの電源を切るとデータは失われる。
RDB(Relational Data Base):行と列からなる表(テーブル)の形式でデータを管理する構造。
RDBMS(Relational Data Base Management System):RDBを管理する専用のソフトウェア。
ROM(Read Only Memory):読み取り専用のメモリ。電源を切っても元々書き込まれているデータは消えない。
SaaS(Software as a Service):Gmailや無料ブログサービスなどのソフトウェアを提供する事。すでに用意されているサービスなので開発をする必要はないが、自由度は低いという特徴を持つ。
SBC(Single Board Computer):アプリケーションを管理サーバーに集中させ、管理者が一括管理を行う仕組み。
SCM(Supply Chain Management):原材料が調達されてから消費者に渡るまでの生産・流通プロセス。
SDK(Software Development Kit):ソフトウェアを開発するために必要なプログラムがまとめられたもの。
SDN(Software Defined Networking):ネットワークの構築、制御などをソフトウェアで行うこと。
SFA(Sales Force Automation):情報技術を活用して、営業の生産性を高めようとする仕組み。
SLA(Service Level Agreement):サービス品質保証。
SOA(Service Oriented Architecture):システムを一つの大きいものとして考えるのではなく、それぞれの機能を提供するサービスの集まりとみなす考え方。
SRAM(Static Random Access Memory):データを記録する読み書き可能な半導体メモリ。消費電力が大きく、小容量だが高速であるという特徴を持つ。
SSH(Secure Shell):リモートコンピュータと通信をするためのプロトコル。
SSD(Solid State Drive):ディスクを持たないHDDよりも高速なストレージ。
SSL(Secure Socket Layer):インターネット上の通信を暗号化し、通信内容を第3者から守る技術。
SSO(Single Sign On):一つのIDとパスワードで認証を行い、複数のWebサービスやクラウドサービスにアクセスする仕組み。
SFTP(SSH File Transfer Protocol):SSHで暗号化された通信路で安全にファイルを送受信するための約束事。
SNMP(Simple Network Management Protocol):ネットワークに接続された通信機器を監視・制御するためのアプリケーション層プロトコル。
SQL(Structured English Query Language):RDBを操作するためのデータベース言語。
TCO(Total Cost of Ownership):コンピュータシステム全体の総コスト。
TCP/IP(Transmission Control Protocol / Internet Protocol):最も一般的な通信プロトコル。ネットワーク層、インターネット層、トランスポート層、アプリケーション層の階層モデルからなる。
UAT(User Acceptance Test):クライアントに対して開発したシステムを引き渡す前に行うテスト。
UTM(Unified Threat Management):複数のセキュリティ機能を一台に詰め込んだ企業向け装置。
UI(User Interface):人とコンピュータがやり取りをすること。スマホ、PCの画面など。
UX(User Experience):ユーザーが製品やサービスを通して得られる体験。
VM(Virtual Machine):仮想的に作られたハードウェア。サーバマシンの台数削減・管理コスト削減・安全性が高いという特徴を持つ。あるPC上で別のPCのサービスの稼働を確認したりする際に使われる。
VNC(Virtual Network Computing):ネットワーク上で他のコンピュータの画面を遠隔操作するソフトウェア。
VPN(Virtual Private Network):離れた場所の間を仮想的な専用線でつなぐ仕組み。
VPS(Virtual Private Server):レンタルサーバの一つで、共用サーバながら仮想的に専用サーバと同等の機能を提供するサービス。
WAF(Web Application Firewall):ファイヤウォールの一種でWebサイトを保護するセキュリティシステム。
WAN(Wide Area Network):地理的に離れた地点を結ぶ通信ネットワーク。
XML(Extensible Markup Language):データ記述用のマークアップ言語。文章中のデータをわかりやすくしたり、データを交換したりする事で、マシンに情報を効率よく伝える事ができるという特徴を持つ。

参照元

https://www.wikipedia.org
https://it-trend.jp/words/
http://e-words.jp
https://www.otsuka-shokai.co.jp/words/
https://www.weblio.jp/cat/computer/binit

関連記事

  1. IT用語集

    検索エンジン(Search Engine)って何?

    はじめに検索エンジンって、"検索"+"エンジン(機械)"="検索し…

  2. IT用語集

    グループウェア(Groupware)って何?

    はじめに「〇〇ware」という言葉は、〇〇用のもの、〇〇製のものと…

  3. IT用語集

    スキーマ(Schema)って何?

    はじめにスキーマとはスキーム(計画)の前段階の状態のことで、それが…

  4. IT用語集

    コマンド(Command)・コマンドプロンプト(Command Prompt)って何?

    はじめに映画やドラマで、プログラマーやハッカーが黒くて大量の文字が…

  5. IT用語集

    スコアリング(Scoring)って何?

    はじめに今回はAI関連のトレンドの1つであるスコアリングについてご…

  6. IT用語集

    クロスデバイス(Cross Device)って何?

    はじめに今回取り上げる「クロスデバイス」は、文字通り「デバイス(ス…

PAGE TOP