ブログ

②DMPについてーAdobe Audience Manager

こんにちは!インターン生の藤本です。
今日は前回、概要をまとめた「海外DMPについて」の続きで、
今回は「Adobe Audience Manager(AAM)」についてまとめたいと思います。

Adobe Audience Manager(AAM)の特徴》

・データに関して
AAMは、1stパーティ、3rdパーティ、オフライン、オンライン、CRMのデータをすべて集約してます。
現在利用している顧客IDを、IDマッピングや関連付けを通じて組み込むことができるため、使い慣れたシステムを継続して利用することができます。
また、AAMはAdobe Analyticsと直接統合していています。
AAMとAdobe Marketing Cloudの各種ソリューションを組み合わせることで、オンライン、オフラインおよびクロスチャネルのセグメントをターゲットにできます。パートナーとの統合によって、ページ読み込みは高速化されています。

 

・データエクスチェンジ(Data Market Place)に関して
データ書き出しコントロールを設定すると、データがアクティベートされる場所を管理でき、市場への対応を展開できます。
Audience Marketplaceで、2ndパーティや3rdパーティのデータを売買できます。

 

・オーディエンス理解に関して
重複レポートやトレンドレポートなどの各種レポートから、オーディエンスについての新たなインサイトと傾向を見出し、検討すべき新しいセグメントを発見することができます。
新規セグメント発見のために、対象オーディエンスや頻度レポート、パブリッシャーレポート、広告主レポート、キャンペーン成果レポート、RBACレポート、クリックリダイレクトなどの機能があります。

 

・セグメントに関して
優良セグメントのプロファイルに一致する新しい見込み客をリーチするためにLook-a-likeモデリング機能があります。

 

Adobe Audience Manager(AAM)は、2015年第4四半期のForrester Wave Data Management Platformの資料で、現行の製品 (Current offering)において、4.8点のスコアを記録し、全DMPの中で最も高い評価をうけました。
※Forrester Waveの資料とは、特定のマーケットのベンダ/製品群を、現行の製品 (Current offering)、戦略 (Strategy)、マーケットでの存在感 (Market presence) という3つの軸で評価するものです。

次回はKrux DMPについてです!

関連記事

  1. ブログ

    東南アジアのデジタルマーケティング

    こんにちは!インターン生の山本です!今回は…

  2. ブログ

    レポートビルダーについて

    お久しぶりです!インターン生の藤本です。今回も前回に引き続き(…

  3. ブログ

    インドネシアのデジタルマーケティング

    こんにちは!インターン生の山本です!前回は…

  4. ブログ

    IPアドレスとは

    こんにちは。インターン生の藤本です!今日はIPアドレスについて説明…

  5. ブログ

    正規表現について

    初めまして。インターン大学一年生の松本です。まだまだペーペーで役立たず…

  6. ブログ

    競合調査

    こんにちは!インターン生の藤本です。今日は私が最近行ったサイトの競合調…

PAGE TOP