Adobe Analytics

  1. Google Analytics検証を効率的に進める方法

    0.初めにGoogle Analyticsがデータをとれているか検証する必要がある、というときにページを一つ一つ手動で辿って条件を付加して…というのは大変な…

  2. adobe analytics Report Builder

    こんにちは!今回はreport builderを使って、エクセルにaaのデータをエクスポートする方法を紹介したいと思います。Report Builder…

  3. 入口とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は入口について説明いたします。入口とはユーザがサイトを訪問したときの、カテゴリごとの最初の値を示します。しかし、最初のヒットのみが入口の…

  4. 再来訪頻度とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は再来訪頻度について説明いたします。再来訪頻度とはサイトを訪問したユーザがその後再訪問をした場合の、訪問と訪問の間隔の期間を示します。期…

  5. 通算訪問回数とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は通算訪問回数について説明いたします。通算訪問回数とはユーザが何度同一サイトを訪問したかを示します。通算訪問回数によって、新規ユーザとリ…

  6. リファラーとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はリファラーについて説明したいと思います。リファラーとはユーザがあるページに遷移する前に訪問していたページのURLを示します。これによっ…

  7. ページとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はページについて説明いたします。ページとはサイト内の各ページに対して指定した指標の結果を示しています。例えば「ページ」に訪問回数の指標を追加…

  8. ページの深さとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はページの深さの指標について説明します。ページの深さとはそのページにユーザが到達するまでにかかった平均クリック数を示します。あるユーザがペー…

  9. カスタムイベントとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はカスタムイベントの指標について説明します。カスタムイベントとは対象のページを訪問した後に発生したイベントを示します。以下のユーザー行動…

  10. 購入とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は購入について説明します。「購入」の下には「購入回数」「購入点数」「売上高」の3つがあります。それぞれについて説明をしていきます。購入回数と…

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics 3つの主要指標
  2. Adobe Analytics

    入口とは-Adobe Analyticsの指標説明
  3. ブログ

    ダッシュボードに使うべき10のグラフ①
  4. Adobe Analytics

    Ad Hoc Analysisを用いてセグメント作成を効率化する
  5. ブログ

    Webサイト上でのA/Bテストが手軽にできる「optimizely」
PAGE TOP