Tableau

Tableau Bridgeをザックリ理解する

Tableau Bridge(タブローブリッジ)とは

Tableau Bridgeとはズバリ「オンプレミスデータを最新の状態でTableau Onlineに接続するツール」です。
※Tableau Serverを利用している方はBridgeを使う必要はありません。またBridgeの追加料金はかかりません。

ここでいうオンプレミスデータとは、クラウドで管理されているRedshiftやBigQueryなどのデータではなく、ファイヤウォールなどで保護された自社管理データのことを指します。
クラウドのデータに関してはTableau Onlineでも直繋ぎできるのですが、自社で管理するデータ(ExcelファイルやSQL Serverデータなど)をTableau Onlineに接続することはできません。
そこで登場するのが「Tableau Bridge」です。

Tableau Bridgeは自社ネットワーク上のWindows PCで動作し、ファイヤウォールの内側(ローカル)からTableau Onlineと通信することで「データを最新の状態に保つ」ことができるのです。
※最新の状態に保つとは、「抽出のスケジューリング」や「ライブ接続」のことを指します。

利用できるユーザー

Tableau Bridgeを利用できるユーザーは「Tableau Onlineを利用中の全ユーザー」です。
ただ実際に使用するユーザーとしては、Tableau Onlineで「Creator」または「Explorer(パブリッシュ可能)」のロールを持つユーザーとなります。
※つまりデータソースの所有者のことです。

ライブ接続の場合はBridgeが自動で検出され、抽出接続の場合はユーザーがスケジューリングします。
※ちなみにBridgeを管理するには、サイト管理者のロールが必要です。

流れ

(前提)アクセスしたいデータがTableau Online上に既にパブリッシュされている。

  1. Bridgeがローカルでクエリを実行し、最新のデータをOnlineに送信
  2. Online上にある既存のデータソースが最新のものに更新される
  3. Desktop / Online上のダッシュボードが最新のデータを利用できるようになる

関連記事

  1. Tableau

    Tableau Tips〜LOOKUP関数〜

    はじめに「LOOK UP」は見上げる、調べるという意味の英単語です…

  2. Tableau

    Tableau ServerとTableau Onlineの違い【管理者向け】

    【基本のキ】Tableau ServerとTableau Online…

  3. Tableau

    Tableau Serverの基礎をまとめてみた

    【目次】・はじめに・Tableau Serverが必要な理由…

  4. Tableau

    【図解】Tableau Desktop 2020.3で「計算式」「予測機能」など大幅アプデ!

    Tableau Desktop 2020.3の7つの新機能【注目度順】…

  5. IT用語集

    BIツール(Business Intelligence Tool)って何?

    はじめにBIツールって聞いたことあるようなないような〜って単語です…

  6. Tableau

    【学生向け】TableauのアカデミックプログラムでTableauが無料で使える!!

    こんにちは!エクスチュアインターン生の柳沼です。前回の投稿から…

PAGE TOP