IT用語集

グリットコンピューティング(Grid Computing)って何?

はじめに

グリットって聞きなれない言葉ですよね。
調べてみると、グリットとはやり抜く力という意味らしいです。
しかしここで紹介するグリットコンピューティングとは何も関係ありません。笑
IT業界におけるグリットとは、、、早速みて行きましょー!!✨

用語説明〜最速で理解したい人のためのIT用語集より抜粋〜

グリッドコンピューティング(Grid Computing)・・・複数のコンピュータに仕事を振り分けて全体のコンピュータのように扱うこと。各コンピュータの性能は低くても大量のデータを高速に処理できるという特徴を持つ。

グリットコンピューティングの意味とメリット・デメリット

グリットコンピューティングを簡単に言うと「複数のPCで作業を分担し大きなデータを扱うこと」です。
もっと正確にいうと「複数のコンピューターをネットワーク経由で連携して、作業分担することで高性能コンピューターのような処理ができるようになること」です。

◾️メリット
・使用していないPCのリソース(計算処理、記憶など)を使用することができる。

◾️デメリット
・専用のソフトウェアをインストールする必要がある。
・サーバーとクライアント間、クライアント同士では低速な回線でしか利用できないので、複雑な処理や大量なデータのやり取りには不向き。

グリットコンピューティングの実例

1999-2005にアメリカのカリフォルニア大学が行なったプロジェクト。
このプロジェクトでは、PCが使われていない夜間の余った能力を生かして、地球に届いている電波の中から地球外生命体からの通信を取得しようとした。
使用したパソコンは全世界で500万台を超えると言われており、非常に多くの人が参加したものとなった。

おわりに

いかがでしたか。
使っていないPCの能力を利用することができるのは本当に素晴らしいですよね。
この記事を通してグリットコンピューティングに関する理解を深めていただけたら幸いです。
最後まで目を通していただきありがとうございます🙇‍♂️

参照元

http://e-words.jp/w/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0.html
https://it-trend.jp/words/grid_computing
https://www.otsuka-shokai.co.jp/words/grid-computing.html
https://wa3.i-3-i.info/word17640.html
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/0512/19/news012.html

関連記事

  1. IT用語集

    アプライアンス(Appliance)って何?

    はじめにアプライアンスという言葉を耳にしたことはありますか?最…

  2. IT用語集

    アベイラビリティ(Availability)って何?

    はじめに可用性という意味の英単語であるアベイラビリティ。今回は…

  3. IT用語集

    インポート(Import)とエクスポート(Export)って何?

    はじめにインポートとエクスポート。デジタルネイティブ(1980…

  4. IT用語集

    プロパティ(Property)って何?

    はじめにPC上で右クリックをすると現れるプロパティという項目。…

  5. IT用語集

    メソッド(Method)って何?

    はじめに「絶対に頭が良くなる〇〇式メソッド」なんて本を目にしたこと…

  6. IT用語集

    キャッシュ(Cache)って何?

    はじめに今回紹介するキャッシュという言葉は、現金という意味の英単語…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. ブログ

    「Power BI」を用いたダッシュボードの作成!②
  2. Adobe Analytics

    DataWarehouseについて
  3. Adobe Analytics

    Ad Hoc Analysisを用いてセグメント作成を効率化する
  4. Google Analytics

    Google Analyticsでみる当サイトのアクセス状況(9月)
  5. Adobe Analytics

    Report&Analytics グラフについて
PAGE TOP