IT用語集

オーバーロード(Overload)って何?

はじめに

オーバーロード(過負荷)ってなかなか耳にしない単語ですよね。
私(與那覇)は受験期に「オーバーロード=勉強のしすぎで簡単なことも考えらえれなくなること」と塾で教わりました。
これは長時間集中したときなどに起こると言われており、
同時通訳の人はオーバーロードになりやすいので、休憩中に必ずチョコを食べて糖分補給をするそうですよー!
さて世間話はここら辺にして、早速IT業界でのオーバーロードについて詳しく見ていきましょー!!✨

用語説明〜最速で理解したい人のためのIT用語集より抜粋〜

オーバーロード(Overload)・・・戻り値、引数の数、型の違う同名のメソッドを同時に多重定義すること。

オーバーロードの具体的な意味と使われ方

オーバーロードについて簡単に説明すると、一つの変数名で複数の定義をし文脈によって使い分けることです。
例えば、プログラミングでは「+」の演算子を”数字の足し算”や”文字の結合”という風に使い分けます。
「2 + 3 = 5」「”エクス” + “チュア” = “エクスチュア”」
(前後が数字であればそれらの数値を足し、前後が文字であればその文字を結合する)

さらに高度な使われ方としては、渡す値(引数)によって機能(メソッド)を変えることです。
ここで、野球ゲームを実装することを考えて見ましょう。
はじめに「球種」というメソッドを作成するとします。
この球種メソッドで、
▪️値を渡さないとき=ストレート、
▪️「↓↓」を渡せばフォーク、
▪️「↓→」を渡せばカーブ、
▪️「→→」を渡せばスライダー。。。という風に設定します。
すると「球種」という一つの名前で、異なる複数のメソッドを定義できたことになります。
これがプログラミングにおけるオーバーロード(多重定義)です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
この言葉は主にエンジニアの方が使うものですが、そうでない人も知っているとカッコイイですね。
個人的には足し算と野球ゲームの例えがとてもわかりやすいなと思いました!(自画自賛)
この記事を通してオーバーロードに関する理解を深めていただけたら幸いです、
最後まで目を通して頂きありがとうございました🙇‍♂️

参照元

https://www.hicareer.jp/inter/mariko/1205.html
http://e-words.jp/w/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89.html
http://www.gamecradle.net/document/main/content/doki/session14/su-overload.html
https://it-trend.jp/words/overload

関連記事

  1. IT用語集

    エンタープライズサーチ(Enterprise Search)って何?

    はじめにEnterpriseの直訳には、企業・冒険・事業などがあり…

  2. IT用語集

    インベントリ(Inventory)って何?

    はじめにインベントリって「インベント(invent)=発明する」っ…

  3. IT用語集

    インポート(Import)とエクスポート(Export)って何?

    はじめにインポートとエクスポート。デジタルネイティブ(1980…

  4. IT用語集

    インターフェイス(Interface)って何?

    はじめにスマホやウェアラブル端末が普及してきて、インターフェイスと…

  5. IT用語集

    アベイラビリティ(Availability)って何?

    はじめに可用性という意味の英単語であるアベイラビリティ。今回は…

  6. IT用語集

    最速で理解したい人のためのIT用語集

    皆さんこんにちは!Extureインターン生の與那覇(よなは)です。独学…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. mouseflow

    mouseflowを使ったページ解析
  2. Adobe Analytics

    ページでの滞在時間とは-Adobe Analyticsの指標説明
  3. Adobe Analytics

    はじめてのAdobe Analytics実装
  4. Adobe Analytics

    オリジナルの参照ドメインとは-Adobe Analyticsの指標説明
  5. 海外カンファレンス

    Adobe Summit 2018 レポート(2):経験の創造者たち
PAGE TOP