IT用語集

エンタープライズサーチ(Enterprise Search)って何?

はじめに

Enterpriseの直訳には、企業・冒険・事業などがありますがIT業界では主に「企業」の意で使われることが多いです。
ではサーチエンタープライズとは一体何なのでしょうか。
企業を調べること??企業の調べごと??
正解は、企業内の情報を扱いやすくするシステムです。早速みて行きましょー!!✨

用語説明〜最速で理解したい人のためのIT用語集より抜粋〜

エンタープライズサーチ(Enterprise Search)・・・企業内の情報を横断的に検索するシステム。

エンタープライズサーチの基本性能と導入メリット

〜基本性能は「全文検索・絞り込み・サムネイルの強調」〜
全文検索では、社内の資料をフォルダ名・ファイル名・ファイル内のテキスト単位で調べることができる。
絞り込みでは、社内のフォルダの検索範囲を指定できます。これにより過去の案件や事業年度ごとに調べることができる。
サムネイルの強調では、インターネットの検索エンジンのように、キーワードが含まれる前後のテキストを検索結果に表示し目的のファイルを探しやすくする。

〜導入する4つのメリット〜
◾️会社内での情報共有=膨大な量のドキュメントから欲しいものを容易に調べることができる。
◾️新商品の開発=顧客情報・販売傾向・お問い合わせ情報などを分析することで社会のニーズに合わせた商品を提案することができる。
◾️ナレッジ共有=個人に蓄積されたナレッジを組織のノウハウにすることで、組織としての競争力を高めることができる。
◾️FAQ(頻繁にくる質問)ページの作成=お問い合わせ情報を集約し、社内や顧客向けのFAQページを作成することができる。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
ここまでエンタープライズの良い面をつらつらと述べてまいりましたが、導入には高性能マシンが必要となるので会社の予算とご相談をして導入を検討して見てください。
決して安い買い物ではありませんが、データは会社の大切な資産なので導入する価値はありそうですね!
この記事を通してエンタープライズサーチに関する理解を深めて頂けたら幸いです。
最後まで目を通して頂きありがとうございました🙇‍♂️

参照元

https://it-trend.jp/enterprise_search/article/function
https://it-trend.jp/enterprise_search/article/explain

関連記事

  1. IT用語集

    インポート(Import)とエクスポート(Export)って何?

    はじめにインポートとエクスポート。デジタルネイティブ(1980…

  2. IT用語集

    インスタンス(化)(Instance)って何?

    はじめにインスタンスって直訳で「実態」という意味ですよね。IT…

  3. IT用語集

    ウォームスタンバイ、コールドスタンバイ、ホットスタンバイって何?

    はじめにウォームスタンバイ(Warm standby)、コールドス…

  4. IT用語集

    イーサネット(Ethernet)って何?

    はじめにイーサネットってなんだかイーサリアム(2018年10月現在…

  5. Adobe Analytics

    GA(Google Analytics)とAA(Adobe Analytics)って何?

    はじめに現在のアクセス解析ツールにおいては、GA(Google A…

  6. IT用語集

    インベントリ(Inventory)って何?

    はじめにインベントリって「インベント(invent)=発明する」っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. Adobe Analytics

    ページとは-Adobe Analyticsの指標説明
  2. ブログ

    Webサイト上でのA/Bテストが手軽にできる「optimizely」
  3. mouseflow

    mouseflowを使ったページ解析
  4. ブログ

    ダッシュボードに使うべき10のグラフ②
  5. mouseflow

    Mouseflow(ヒートマップ)の効果的な活用術
PAGE TOP