Google Analytics

Google Analytics フィルタ①

こんにちは!今回はGAの機能の一つである「フィルタ」について解説したいと思います。

GAはホームページにトラッキングコードを埋め込めば実装完了と考えている方もいるかもしれませんがそのままだと正しい計測値を得ることはできません。

なぜなら、何も設定しないままだと自分や社内など関係者のアクセスも計測値に含まれてしまうからです。

 

それではそれらを除外するにはどうしたらいいのでしょうか?

そこで登場するのが「フィルタ」機能です。フィルタを使えば、自分や社内からのアクセスに限らず特定のアクセスを除外することができます。

フィルタは基本的に「ビュー」と呼ばれるレポートとともに使われます。ビューは目的に応じて複数作ることができます。なのでフィルタをかけたビューと元データを別々に作っておくのが一般的です。

ビューの作り方としては

①全く何もいじっていないビュー

②解析用のビュー

③テスト用のビュー

の3つを作ることをおすすめします。テスト用のビューで検証したいことをし、その結果を解析用のビューで行ったりします。

それでは実際にビューを作ってフィルタをかけてみましょう。

まずGAを開いて、「管理」>「ビュー」>「ビュー設定」に進みます。

 

「ビューのコピー」を押して、新規ビュー名を決めて作成します。

次に新しく作ったビューを開き、「管理」>「ビュー」>「フィルタ」を開きます。

「フィルタの設定」から目的に応じたフィルタを作成します。フィルタの作り方については次回また解説したいと思います。それでは!

関連記事

  1. Google Analytics

    Google Analyticsでみる当サイトのアクセス状況(9月)

    こんにちは!インターン生の宮川です。本日はGoogle Ana…

  2. Adobe Analytics

    GA(Google Analytics)とAA(Adobe Analytics)って何?

    はじめに現在のアクセス解析ツールにおいては、GA(Google A…

  3. Google Analytics

    Google Analytics 導入方法

    自社のサイトやブログを運営していくうえでサイトの分析というのは、コンテ…

  4. Google Analytics

    Google Analytics フィルタ②

    こんにちは!今回は前回に引き続きGoogle Analyticsのフィ…

  5. Google Analytics

    Google Analyticsのセグメント機能について②

    こんにちは!インターン生の宮川です。今回はGAのセグメント機能…

  6. Google Analytics

    Google Analyticsのデータを分かりやすくする「Qunb」

    こんにちは!インターン生の宮川です。本日は「Qunb」というツ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. mouseflow

    ヒートマップ活用法
  2. Adobe Analytics

    ページとは-Adobe Analyticsの指標説明
  3. ブログ

    ①DMPについて
  4. Adobe Analytics

    再来訪頻度とは-Adobe Analyticsの指標説明
  5. Adobe Analytics

    訪問別滞在時間とは-Adobe Analyticsの指標説明
PAGE TOP