Adobe Analytics

adobe analytics Report Builder

こんにちは!今回はreport builderを使って、エクセルにaaのデータをエクスポートする方法を紹介したいと思います。

Report Builderはエクセルのアドイン機能で、これを使用するとAnalytics データを含むカスタマイズされたデータリクエストを作成して Excel ワークシートに挿入することが可能になります。あらかじめエクセル上に設定しておくと、更新ボタンを押すだけでデータを更新することができるので、レポート業務の時間の大幅な削減をすることが見込めます。

①まずaaにログインしたら、ツール>Report&Builderを開きます。

②「今すぐダウンロード」を押し、Report Builderをダウンロードします。

③ダウンロードが終わったら実際にエクセルを開き、アドイン>サインインを押します。

④「Report Builderへようこそ」と書かれたページが出てくるので、サインインします。

これでエクセル内でaaのデータを使って、レポートを作ることが可能になります。一度レポートを作ってしまえば更新するだけで最新レポートを作成できるので、ぜひ使ってみてください!

 

 

関連記事

  1. Adobe Analytics

    購入とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は購入について説明します。「購入」の下には「購入回数」「購…

  2. Adobe Analytics

    再来訪頻度とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は再来訪頻度について説明いたします。再来訪頻度とはサイ…

  3. Adobe Analytics

    入口とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は入口について説明いたします。入口とはユーザがサイトを…

  4. Adobe Analytics

    レポートビルダーを使ってデータを出す方法

    こんにちは!インターンの藤本です。今日はレポートビルダーを使っ…

  5. Adobe Analytics

    はじめてのAdobe Analytics実装

    前回までの3回のブログで、イメージリクエストやアクセス情報の取得の原理…

  6. Adobe Analytics

    PV(ページビュー)とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はPV(ページビュー)について説明いたします。PV (ペー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. ブログ

    正規表現について
  2. Adobe Analytics

    通算訪問回数とは-Adobe Analyticsの指標説明
  3. Adobe Analytics

    はじめてのAdobe Analytics実装②
  4. IT用語集

    仮想メモリ(Virtual Memory)って何?
  5. ブログ

    ダッシュボードとは
PAGE TOP