Google Analytics

Google Analytics クエリパラメータ除外方法

今回はGoogle Analyticsでクエリパラメータ(URLパラメータ)を除外する方法を教えたいと思います!

そもそもクエリパラメータとは、サーバーに情報を伝えるためにつけくわえられた変数のことを指します。クエスチョンマーク(?)をURLの後ろにつけることにより「変数(パラメータ)=値」の形でサーバーに送信するデータをURLに含めることができます。

クエリパラメータはサイト運営側がユーザーの流入元を調べるために振られたものでものであるので、サイトの挙動には影響を与えません。

例えば

https://www.google.co.jp/に

https://www.google.co.jp/?aaa=a

と付け加えても表示されるページは変わりません。

GAで自社のサイトを分析する際、パラメータ値が違うと同じページを表しているのにも関わらず、集計上では別のページとして扱われてしまいます。そのため運営側の目的にあった分析をするために時にクエリパラメータを除外する必要が出てきます。

それではクエリパラメータを除外する具体的な方法にはいっていきましょう。

まずGAの「管理」画面から「ビューの管理」を開きます。オプションとして「除外するURLクエリパラメータ」という欄があるので、そこに一つずつ除外したいクエリパラメータを入力していきます。

入力の仕方ですが

http://~/?abcd=~

というURLがあった場合abcdを入力するだけ、つまり変数(パラメータ)を入力するだけで構いません。

また入力する変数同士はコンマ,でつなぎます。

入力し終わったら「保存」を押して完了です!

関連記事

  1. Google Analytics

    Google Analytics フィルタ①

    こんにちは!今回はGAの機能の一つである「フィルタ」について解説したい…

  2. Google Analytics

    Google Analyticsの導入

    はじめまして!インターン生の宮川です。初の投稿で文章も稚拙なものですが…

  3. Google Analytics

    Google Analytics フィルタ②

    こんにちは!今回は前回に引き続きGoogle Analyticsのフィ…

  4. Google Analytics

    初めてのGoogle Analytics分析

    こんにちは、インターン生の松本です。今回は初めてのGoogle…

  5. Google Analytics

    Google Analytics 導入方法

    自社のサイトやブログを運営していくうえでサイトの分析というのは、コンテ…

  6. Google Analytics

    Google Analyticsの「セグメント」機能について

    こんにちは!インターン生の宮川です。本日はGoogle Ana…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. Google Analytics

    初めてのGoogle Analytics分析
  2. Tableau

    Tableauの便利な機能
  3. ブログ

    ②DMPについてーAdobe Audience Manager
  4. ブログ

    秋とチラシとリードのスコアリング機能
  5. ブログ

    Webサイト上でのA/Bテストが手軽にできる「optimizely」
PAGE TOP