Adobe Analytics

異常値検出とは-Adobe Analyticsの指標説明

今回は異常値検出について説明いたします。

異常値検出とは
過去のデータの分析を元にした予測から外れる異常な値が出た場合に検出されることを示します。
分析の結果として予測された範囲からはみ出た場合に異常値として検出されます。
異常値はいつ、どれほど正常値から外れたのかを把握することができます。

指標を設定することで、それぞれの指標に対して異常値が発生していないかを把握することができます。

データの分析をする場合、データに異常値はないか調査し、存在していた場合はその原因を分析しなければなりません。異常値検出という指標を使用することで、異常値がないかデータを調査する作業を省くことができます。

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Adobe Analytics

    訪問者数とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は訪問者数について説明いたします。訪問者数とは期間中に…

  2. Adobe Analytics

    バウンスと直帰-Adobe Analytics

    こんにちは!インターン生の藤本です。今日はバウンスと直帰につい…

  3. Adobe Analytics

    離脱リンクとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は離脱リンクについて説明いたします。離脱リンクとはリン…

  4. Adobe Analytics

    リアルタイムとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はリアルタイムについて説明いたします。リアルタイムとは…

  5. Adobe Analytics

    カスタムイベントとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はカスタムイベントの指標について説明します。カスタムイベン…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics-分析ワークスペースの使い方

    こんにちは!インターン生の藤本です。今回はフリーフォームを使用した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. ブログ

    データ視覚化ツール「Power BI」
  2. Adobe Analytics

    バウンスとは-Adobe Analyticsの指標説明
  3. Adobe Analytics

    ページの深さとは-Adobe Analyticsの指標説明
  4. ブログ

    ダッシュボードでよくある間違い①
  5. IT用語集

    アクセス管理(Access Management)って何?
PAGE TOP