Adobe Analytics

出口とは-Adobe Analyticsの指標説明

今回は出口について説明いたします。

出口とは
サイトを訪れたユーザの、最後の値です。

入口と同様、カテゴリごとに「出口」の値となるものが存在します。

以下のユーザ行動例に対して実際に計測される出口を記します。

計測方法:例
カスタムトラフィック1が存在するランディングページA、カスタムトラフィック2の存在するページB、ページCを所有するサイトがあるとします。

ユーザーがランディングページA→「データA」を入力→ページB→「データB」を入力→ページCと遷移したとします。

「ページ」をディメンションとすると「出口」の値となるのはページC
「カスタムトラフィック1」をディメンションとすると「出口」の値となるのは「データA」
「カスタムトラフィック2」をディメンションとすると「出口」の値となるのは「データB」
となります。

ディメンションに「ページ」の指標を使用することで、どのページが出口となったのかが判明します。出口となる場合の多いページを改善することでサイトからのユーザの離脱を改善することができます。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    訪問者数とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は訪問者数について説明いたします。訪問者数とは期間中に…

  2. Adobe Analytics

    訪問回数 とは-Adobe Analyticsの指標説明

    これから、この場をお借りして私が学んだことを書いていきます。よろし…

  3. Adobe Analytics

    バウンスと直帰-Adobe Analytics

    こんにちは!インターン生の藤本です。今日はバウンスと直帰につい…

  4. Adobe Analytics

    Report&Analytics グラフについて

    こんにちは!インターン生の藤本です。私は、最近ACEの試験(R…

  5. Adobe Analytics

    サイトセクションとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はサイトセクションについて説明いたします。サイトセクション…

  6. Adobe Analytics

    はじめてのAdobe Analytics実装

    前回までの3回のブログで、イメージリクエストやアクセス情報の取得の原理…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. ブログ

    競合のWebサイトのデータを簡単に把握し分析できる「Similar Web」
  2. IT用語集

    仮想メモリ(Virtual Memory)って何?
  3. IT用語集

    オンラインストレージ(Online Storage)って何?
  4. ブログ

    アドテック東京2014
  5. mouseflow

    ページ解析ツールMouseflowにふれてみた
PAGE TOP