Adobe Analytics

リアルタイムとは-Adobe Analyticsの指標説明

今回はリアルタイムについて説明いたします。

リアルタイムとは
タイムラグなしでレポートを閲覧できる機能のことを示します。
最大で3つのレポートを閲覧することができます。
期間は15分、30分、1時間、2時間から選択することができます。
順位が入れ替わると行も移動するため変化を感じることができます。

リアルタイムという指標を使用することによって、サイト上でキャンペーン等を行った際に状況をすぐに把握することができます。また、ユーザの反応によって最適な対応をすばやく行うことができます。

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Adobe Analytics

    出口とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は出口について説明いたします。出口とはサイトを訪れたユ…

  2. Adobe Analytics

    Ad Hoc Analysisを用いてセグメント作成を効率化する

    こんにちは、インターン生の丸山です。AAによる分析にあたり、セ…

  3. Adobe Analytics

    オリジナルの参照ドメインとは-Adobe Analyticsの指標説明

    こんにちは。インターン生の市川です。今回はオリジナルの参照ドメイン…

  4. Adobe Analytics

    サイトセクションとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はサイトセクションについて説明いたします。サイトセクション…

  5. Adobe Analytics

    検索エンジン-有料とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は検索エンジン-有料について説明いたします。検索エンジン-…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics Business Practitionerが変わりました。

    はじめにAdobe Analyticsの試験であるBusiness…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. ブログ

    Cookieについて調べてみた
  2. Adobe Analytics

    Google Analytics検証を効率的に進める方法
  3. IT用語集

    API(Application Programming Interface)って…
  4. Google Analytics

    Google Analyticsの「セグメント」機能について
  5. IT用語集

    ECサイト(Electronic Commerce Site)って何?
PAGE TOP