Adobe Analytics

ページとは-Adobe Analyticsの指標説明

今回はページについて説明いたします。

ページとは
サイト内の各ページに対して指定した指標の結果を示しています。
例えば「ページ」に訪問回数の指標を追加して「ページごとの訪問回数」等を把握することができます。
ページはURLで示されています。

ここで気をつけなければならないのは「合計」です。
ページごとの「PV」はすべてのページのPVをそれぞれ足していけば合計と一致します。
しかし、「訪問回数」は一致しません。
なぜなら、ある1人のユーザが1訪問で複数種類のページを訪問すればページごとの訪問回数はそれぞれのページでカウントされますが、合計としては1訪問でしかないからです。

例えば、サイトに訪問したユーザが以下のように行動したとします。

1月1日 ページA→ページB→ページA→離脱
1月18日 ページB→ページC→ページA→離脱
2月1日 ページA→ページC→離脱

この場合、1月のページごとの訪問回数は以下の通りになります。
ページA:2
ページB:2
ページC:1

2月のページごとの訪問回数は以下の通りになります。
ページA:1
ページB:0
ページC:1

しかし、1月の訪問回数の「合計」は2、2月の訪問回数の「合計」は1とカウントされます。

つまり、ページに訪問回数の指標を追加した場合、その訪問回数の合計は「指定した期間内の、サイト全体の訪問回数」となります。

なお、「ページ」では指標を組み合わせることで、改善すべきページを発見することができます。
例えば、「ページ」に「入口」と「バウンス」の指標を追加して「入口となりやすいがバウンス率が高いページ」がないかを確認し、存在していた場合にはそのページの改善をすべきだという推測ができます。

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Adobe Analytics

    サイトセクションとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はサイトセクションについて説明いたします。サイトセクション…

  2. Adobe Analytics

    AA(Adobe Analytics)を導入しよう!

    はじめにこんにちは!インターンの與那覇(ヨナハ)です今回はAA…

  3. Adobe Analytics

    Google Analytics検証を効率的に進める方法

    0.初めにGoogle Analyticsがデータをとれているか検…

  4. Adobe Analytics

    Ad Hoc Analysisを用いてセグメント作成を効率化する

    こんにちは、インターン生の丸山です。AAによる分析にあたり、セ…

  5. Adobe Analytics

    adobe analytics Report Builder

    こんにちは!今回はreport builderを使って、エクセルにaa…

  6. Adobe Analytics

    【超わかる】WEB解析の全貌

    はじめにこんにちは!インターン生の與那覇(ヨナハ)です今回は時…

  1. Google Analytics

    Google Analyticsのセグメント機能について②
  2. IT用語集

    仮想メモリ(Virtual Memory)って何?
  3. ブログ

    「Power BI」を使ってみよう!
  4. IT用語集

    コロケーション(Collocation)って何?
  5. Tableau

    Tableau-折れ線グラフ
PAGE TOP