Adobe Analytics

カスタムイベントとは-Adobe Analyticsの指標説明

今回はカスタムイベントの指標について説明します。

カスタムイベントとは
対象のページを訪問した後に発生したイベントを示します。

以下のユーザー行動例に対して実際に計測されるカスタムイベントを記します。

ページA(ランディングページ)→ページB→商品X紹介ページ→商品X購入完了ページ→ページC→サイト離脱

カスタムイベントの指標として「商品X購入」が選択された場合
ページA:1
ページB:1
商品X紹介ページ:1
商品X購入完了ページ:0
ページC:0

以上のように計上されます。

また訪問回数で計測されるため、先ほどの場合でページAが商品X購入前に複数回訪問されていたとしても、1としかカウントされません。

カスタムイベントを使用することでユーザがCVに至った場合に閲覧していたページを把握できるため、どんなことがユーザにCVに至らせる原因となったのかを発見するための手がかりとなります。

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics 3つの主要指標

    こんにちは!インターンの藤本です。今日はAdobe Analyti…

  2. Adobe Analytics

    入口とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は入口について説明いたします。入口とはユーザがサイトを…

  3. Adobe Analytics

    はじめてのAdobe Analytics実装②

    前回勉強した内容をもとに、今回は実際にエクスチュアのs_code.js…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics 原理①

    近年、Web解析の必要性が広く認知されるようになり多くのWebサイ…

  5. Adobe Analytics

    イベント前の時間とは-Adobe Analyticsの指標説明

    こんにちは。インターン生の市川です。今回はイベント前の時間を説明い…

  6. Adobe Analytics

    異常値検出とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は異常値検出について説明いたします。異常値検出とは過去…

  1. ブログ

    ④DMPについてーOracle DMP
  2. Adobe Analytics

    AA(Adobe Analytics)を導入しよう!
  3. ブログ

    初めましてのご挨拶と、業務内容のご紹介
  4. Tableau

    Tableauの便利な機能
  5. IT用語集

    カスタマージャーニー(Customer Journey)って何?
PAGE TOP