Adobe Analytics

イベント前の時間とは-Adobe Analyticsの指標説明

こんにちは。インターン生の市川です。
今回はイベント前の時間を説明いたします。

イベント前の時間とは
ユーザがサイトを訪問し始めてから設定されたイベントを実行するまでの時間を示します。
このとき、使用される指標はサイトがCV(コンバージョン)とするものです。
訪問回数等の指標にしてしまうと、ユーザのサイト訪問直後に「イベント前の時間」がカウントされてしまいます。

時間の分類は以下の通りです。
(a) 1分未満
(b) 1~5分
(c) 5~10分
(d) 10~30分
(e) 30~60分
(f) 1~2時間

以下のユーザ行動例に対して実際に計測されるイベント前の時間を記します。

イベントをA:「1つ以上の商品をカートへ投入」とB:「商品の注文」とするサイトが存在するとします。
そして、あるユーザがショッピングサイトを訪問し、以下のように行動したとします。
8:00 ショッピングサイト 訪問
8:03 商品ページへ遷移
8:07 商品をカートへ投入
8:27 商品を注文
8:30 サイトを離脱

この場合、Aはユーザの訪問開始から7分後に発生したので、(c)に該当します。またBはユーザの訪問開始から27分後に発生したので(d)に該当します。

なお、イベント前の時間の指標を使用することで、サイト内でのユーザの行動を把握することができます。ECサイトの場合CVは商品購入となっていることが多いのですが、新規ユーザとリピータでイベント前の時間(CVに至った時間)に差があるかどうかを確かめるべきです。もしリピータのイベント前の時間が新規ユーザのものよりも短くない場合は、サイトに問題があることを示しています。

次回は離脱リンクの指標について説明します。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics 指標について

    今日はAdobe Analyticsで使われている指標について説明した…

  2. Adobe Analytics

    レポートビルダーを使ってデータを出す方法

    こんにちは!インターンの藤本です。今日はレポートビルダーを使っ…

  3. Adobe Analytics

    リファラーとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はリファラーについて説明したいと思います。リファラーとは…

  4. Adobe Analytics

    訪問別滞在時間とは-Adobe Analyticsの指標説明

    こんにちは。インターン生の市川です。今回は訪問別滞在時間について説…

  5. Adobe Analytics

    再来訪頻度とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は再来訪頻度について説明いたします。再来訪頻度とはサイ…

  6. Adobe Analytics

    DataWarehouseについて

    はじめまして、インターン生の丸山です。Adobe Analyt…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. Adobe Analytics

    リアルタイムとは-Adobe Analyticsの指標説明
  2. Google Analytics

    Google Analyticsでみる当サイトのアクセス状況(9月)
  3. Adobe Analytics

    サイトセクションとは-Adobe Analyticsの指標説明
  4. Tableau

    Tableauとは
  5. IT用語集

    アーカイブ(Archive)って何?
PAGE TOP