Adobe Analytics

Adobe Analytics 指標について

今日はAdobe Analyticsで使われている指標について説明したいと思います。

1.PV(ページビュー)
サイトへ来たユーザーが開いたページの数を示しています。

例えば…
トップページ → ページA と推移した場合は
PV:2 となります。

1人のユーザーが300ページ開いても合計は300PVとなり、300人のユーザーが一人ずつ1ページ開いても合計300PVとなります。

2.訪問回数(セッション)
ユーザーがサイトへ来た回数を示します。

訪問回数の切れ目になるのは…
①ユーザーがサイトを訪問した後、インターネットの接続を切ったとき
②ユーザーがサイトを訪問した後に別のサイトへ行き、30分以上立ったとき
③ユーザーがサイト上で30分以上何も操作をしなかったとき

計測方法:例
(1) ユーザーがサイトAへ到達→ブラウザを閉じる
訪問回数:1
(2) ユーザーがサイトAへ到達→他サイトBへ行き、30分以上経過
訪問回数:1
(3) ユーザーがサイトAへ到達→他サイトBへ行き、30分以上経過→サイトAへ戻る
訪問回数:2
(4) ユーザーがサイトAへ到達→他サイトBへ行くも30分以内にサイトAに戻ってくる
訪問回数:1

3.訪問者数
サイトへ来たユーザーの数を示します。

設定する期間によって測定方法が異なります。
例 1月1日~2月28日までのデータが以下の通りだったサイトがあるとします。
1月1日(金):Aさんが2回訪問 Bさんが1回訪問
1月2日(土):Bさんが1回訪問
1月9日(土):Aさんが1回訪問
2月3日(水):Bさんが1回訪問

①日別訪問者数で計測する場合
1月1日(金):訪問者数→2
1月2日(土):訪問者数→1
1月9日(土):訪問者数→1
2月3日(水):訪問者数→1

②週別訪問者数で計測する場合
1月の1週目:訪問者数→2
1月の2週目:訪問者数→1
2月の1週目:訪問者数→1

③月別訪問者数で計測する場合
1月:訪問者数→2
2月:訪問者数→1

4.直帰数
サイトへ来たユーザーが、ランディングページ(最初にたどり着いたページ)で何も操作せず、そのままサイトから離脱してしまう数を示しています。

直帰率は 「直帰数÷訪問回数」 で示すことができます。

バウンスも直帰率と同じ意味なのですが、Adobe Analyticsの場合…
<直帰の計測方法>
①ランディングページ→離脱
直帰数:1
②ランディングページ→更新→離脱
直帰数:1

<バウンスの測定方法>
①ランディングページ→離脱
バウンス数:1
②ランディングページ→更新→離脱
バウンス数:0

となり、少し直帰とバウンスは異なっています。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    ページの深さとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はページの深さの指標について説明します。ページの深さとは…

  2. Adobe Analytics

    再来訪頻度とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は再来訪頻度について説明いたします。再来訪頻度とはサイ…

  3. Adobe Analytics

    Ad Hoc Analysisを用いてセグメント作成を効率化する

    こんにちは、インターン生の丸山です。AAによる分析にあたり、セ…

  4. Adobe Analytics

    離脱リンクとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は離脱リンクについて説明いたします。離脱リンクとはリン…

  5. Adobe Analytics

    イベント前の時間とは-Adobe Analyticsの指標説明

    こんにちは。インターン生の市川です。今回はイベント前の時間を説明い…

  6. Adobe Analytics

    サイトセクションとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はサイトセクションについて説明いたします。サイトセクション…

  1. Google Analytics

    Google Analyticsでみる当サイトのアクセス状況(9月)
  2. IT用語集

    オブジェクト(Object)・オブジェクト指向(Object-Oriented)…
  3. ブログ

    正規表現について
  4. Adobe Analytics

    通算訪問回数とは-Adobe Analyticsの指標説明
  5. mouseflow

    ヒートマップ活用法
PAGE TOP