Adobe Analytics

Adobe Analytics 指標について

今日はAdobe Analyticsで使われている指標について説明したいと思います。

1.PV(ページビュー)
サイトへ来たユーザーが開いたページの数を示しています。

例えば…
トップページ → ページA と推移した場合は
PV:2 となります。

1人のユーザーが300ページ開いても合計は300PVとなり、300人のユーザーが一人ずつ1ページ開いても合計300PVとなります。

2.訪問回数(セッション)
ユーザーがサイトへ来た回数を示します。

訪問回数の切れ目になるのは…
①ユーザーがサイトを訪問した後、インターネットの接続を切ったとき
②ユーザーがサイトを訪問した後に別のサイトへ行き、30分以上立ったとき
③ユーザーがサイト上で30分以上何も操作をしなかったとき

計測方法:例
(1) ユーザーがサイトAへ到達→ブラウザを閉じる
訪問回数:1
(2) ユーザーがサイトAへ到達→他サイトBへ行き、30分以上経過
訪問回数:1
(3) ユーザーがサイトAへ到達→他サイトBへ行き、30分以上経過→サイトAへ戻る
訪問回数:2
(4) ユーザーがサイトAへ到達→他サイトBへ行くも30分以内にサイトAに戻ってくる
訪問回数:1

3.訪問者数
サイトへ来たユーザーの数を示します。

設定する期間によって測定方法が異なります。
例 1月1日~2月28日までのデータが以下の通りだったサイトがあるとします。
1月1日(金):Aさんが2回訪問 Bさんが1回訪問
1月2日(土):Bさんが1回訪問
1月9日(土):Aさんが1回訪問
2月3日(水):Bさんが1回訪問

①日別訪問者数で計測する場合
1月1日(金):訪問者数→2
1月2日(土):訪問者数→1
1月9日(土):訪問者数→1
2月3日(水):訪問者数→1

②週別訪問者数で計測する場合
1月の1週目:訪問者数→2
1月の2週目:訪問者数→1
2月の1週目:訪問者数→1

③月別訪問者数で計測する場合
1月:訪問者数→2
2月:訪問者数→1

4.直帰数
サイトへ来たユーザーが、ランディングページ(最初にたどり着いたページ)で何も操作せず、そのままサイトから離脱してしまう数を示しています。

直帰率は 「直帰数÷訪問回数」 で示すことができます。

バウンスも直帰率と同じ意味なのですが、Adobe Analyticsの場合…
<直帰の計測方法>
①ランディングページ→離脱
直帰数:1
②ランディングページ→更新→離脱
直帰数:1

<バウンスの測定方法>
①ランディングページ→離脱
バウンス数:1
②ランディングページ→更新→離脱
バウンス数:0

となり、少し直帰とバウンスは異なっています。

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Adobe Analytics

    次のページとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は次のページについて説明します。次のページとはサイトを…

  2. Adobe Analytics

    訪問別滞在時間とは-Adobe Analyticsの指標説明

    こんにちは。インターン生の市川です。今回は訪問別滞在時間について説…

  3. Adobe Analytics

    Report&Analytics グラフについて

    こんにちは!インターン生の藤本です。私は、最近ACEの試験(R…

  4. Adobe Analytics

    再来訪頻度とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は再来訪頻度について説明いたします。再来訪頻度とはサイ…

  5. Adobe Analytics

    オリジナルの参照ドメインとは-Adobe Analyticsの指標説明

    こんにちは。インターン生の市川です。今回はオリジナルの参照ドメイン…

  6. Adobe Analytics

    Google Analytics検証を効率的に進める方法

    0.初めにGoogle Analyticsがデータをとれているか検…

  1. IT用語集

    ファーストパーティー、セカンドパーティー、サードパーティデータって何?
  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics 指標について
  3. Tableau

    【2019年版】Tableau Desktop Certified Associ…
  4. IT用語集

    AWS(Amazon Web Service)って何?
  5. Adobe Analytics

    次のページとは-Adobe Analyticsの指標説明
PAGE TOP