IT用語集

アイデンティティ管理(Identity Management)って何?

はじめに

アイデンティティ管理。
なかなか耳にすることはないと思いますが、実は最近この言葉が広まりつつあるのです。
これはどういった意味でなぜ広まりつつあるのでしょうか?
早速見ていきましょー!!✨

用語説明〜最速で理解したい人のためのIT用語集より抜粋〜

アイデンティティ管理・・・IDやパスワードを一元的に管理するシステム。

役割・導入するメリット

これまでは、端末やシステムごとにパスワードを手作業で管理し、役職や雇用形態などに応じて共有IDを用いるケースが一般的でした。理由は、業務の多様化により、ユーザーもIDやパスワードを求められることが多くなったからです。しかし、これは退職者や契約社員が不正アクセスをすることにつながり、実際に大手企業でも情報漏洩などが多発しました。これがアイデンティティ管理を徹底していないことによる問題です。

そこで現在、総合管理ID(アイデンティティ管理)システムという自動で不正アクセスを見抜き、共有IDを無くした上で効率的なID業務管理を実現するシステムが普及しつつあります。このシステムは、人事イベントに応じてユーザIDの登録・変更・削除を自動化され「いつ」「誰が」「何を」したのかを中央サーバーで管理するというものです。最近では大企業だけでなく、多くの中小企業もこのシステムを導入しているそうですよ。

おわりに

日本の企業はアイデンティティ管理が遅れていると言われていて、海外の企業ではFacebookなどのクラウドサービスのデータをマスターデータとして、社内システムと連携しているそうです。SNSなどでクラウドサービスを利用している私たちも、気づかないうちに効率よく管理されているということですね!
いかがでしたか?ザックリでも理解していただけたでしょうか?
最後まで目を通していただきありがとうございました🙇‍♂️

参照元

https://www.wikipedia.org
https://it-trend.jp/words/
http://it-yougo.com
http://e-words.jp
https://www.otsuka-shokai.co.jp/words/
https://www.weblio.jp/cat/computer/binit
https://wa3.i-3-i.info

関連記事

  1. IT用語集

    イーサネット(Ethernet)って何?

    はじめにイーサネットってなんだかイーサリアム(2018年10月現在…

  2. IT用語集

    インジェクション攻撃(Injection Attack)って何?

    はじめにタイトルのインジェクションを直訳して、インジェクション攻撃…

  3. IT用語集

    仮想化(Virtualization)って何?

    はじめにわかりそうでよくわからない「仮想化」という言葉。実は仮…

  4. IT用語集

    インスタンス(化)(Instance)って何?

    はじめにインスタンスって直訳で「実態」という意味ですよね。IT…

  5. IT用語集

    インポート(Import)とエクスポート(Export)って何?

    はじめにインポートとエクスポート。デジタルネイティブ(1980…

  6. IT用語集

    インベントリ(Inventory)って何?

    はじめにインベントリって「インベント(invent)=発明する」っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. Adobe Analytics

    再来訪頻度とは-Adobe Analyticsの指標説明
  2. mouseflow

    mouseflowによる分析の観点
  3. Adobe Analytics

    入口とは-Adobe Analyticsの指標説明
  4. Google Analytics

    Google Analytics フィルタ①
  5. Google Analytics

    Google Analyticsの「セグメント」機能について
PAGE TOP