バウンスと直帰-Adobe Analytics

こんにちは!インターン生の藤本です。

今日はバウンスと直帰について説明したいと思います。

バウンスと直帰は同じ意味でバウンス直帰共に

サイトを訪問したユーザーが、ランディングページ(最初に訪問したページ)で何のアクションもとることなく、そのままサイトから離脱した数のことを指します。

バウンスと直帰の違いは”計測方法”です。
バウンスは、「Adobeへのサーバーコールの有無」によって計測していますが
直帰は、「1種類のページのみの閲覧かどうか」によって計測しています。
つまり、直帰にはページを訪問してそのページ上で再読み込みやビデオ再生など何かしらのイベントを発生して離脱したものも含まれています。

そのため、ユーザーがサイト上で何のアクションも取らずにサイトを離脱することを正確に計測しているのはバウンスになります。

具体例)

<バウンスの計測方法>
ランディングページ→離脱
バウンス数:1

ランディングページ→更新→離脱
バウンス数:0

<直帰の計測方法>
ランディングページ→離脱
直帰数:1

ランディングページ→更新→離脱
直帰数:1

分析をするときは直帰ではなくバウンスの指標を使用して分析したほうがより正確な数を出すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です