Adobe Analytics

はじめてのAdobe Analytics実装

前回までの3回のブログで、イメージリクエストやアクセス情報の取得の原理、クッキーとは、
などという、アクセス情報収集に関する一般的な原理を勉強してきた。
今日からの数回はその知識を踏まえて、実際にAdobe Analyticsの簡単な実装に
チャレンジしていく様子を記載しようと思う。

 

とはいえいきなり実装に入る前に、イメージリクエストがソースコード上で
どのように発生しているのかという点を確認しよう。

 

イメージリクエストを発生させるのはs_code.jsと呼ばれるJavaScriptファイルと、
各ページのhtmlに直接書き込まれている計測タグ(code to paste)である。

 

まずはs_code.jsについて。
これはサイト全体で共通のjsファイルで、各ページのhtmlからscriptタグによって呼び出されることになる。
ここでは一般的な”構成”に関する設定やサイト全体で共通の変数が定義される。

 

そして計測タグでは、s_code.js内で定義された共通変数に加え、
ページ名などの各ページに固有な変数などを定義したのち、
s.t()というs_code.js内で定義されているメソッドを実行して、
Adobeのサーバーにイメージリクエストを送信する、という役割を持つ。
以上がイメージリクエストが送られるまでの大まかな流れだ。

 

ここからはこれらのコードの中身を少し詳しく確認してみよう。

 

s_code.jsは次の4つのセクションからなる

1. configuration variablesを宣言するセクション
2. doPlugins()を設定するセクション
3. Plug-insの定義をコピー&ペーストするセクション
4. s.t()などAdobe Analyticsについてのcoreの設定が記載されたセクション

この中でユーザが実際にコードを書いて設定する必要があるのは、1と2のセクションである。

 

まず1のconfiguration variablesに関するセクションでは、
その名の通り、このタグの”構成”に関する変数が設定されることになる。
例えばs_account。これはどのレポートスイートにデータを送信するかを定義する重要な変数だ。
他にもs.linkInternalFiltersでどのリンクを内部遷移とみなすかなどを定義したり、
s.liinkDownloadFileTypesでどういうファイルのダウンロードを計測するかを定義したりと、
レポートスイート全体の設定がこのセクションに記載されることになる。

 

次の2のdoPlugins()を設定するセクション。ここではs_doPlugins()という関数を定義する。
この関数はイメージリクエストをadobeのサーバーに送信するための関数s.t()の、
内部でコールバック関数として呼び出されるもので、
全ページで共通で取得する変数の定義をここに記載することになる。

 

なぜdoPluginsという名前なのかというと、Plug-insというAdobe側が提供しているコードを使って
変数の値を設定することが多いからだ。「ページのスクロール量」や「前回訪問からの日数」などの
汎用的な数値に関しては、それらを取得するための関数をあらかじめAdobe側が用意してくれており、
ユーザーは使いたい関数のコードをAdobeのサイトからPLUGINS SECTIONにコピー&ペーストするだけで、
その関数が使えるようになる。Plug-insによって自前でJavaScriptの関数を実装する必要がなくなり、
簡単に、バグなく、値を取得することができる、というわけだ。

 

このようにして、s_code.jsを完成させれば、AdobeAnalyticsの実装はあと少しだ。
あとはそれぞれのページのhtmlにs_code.jsを呼び出すscriptタグを埋め込み、
必要に応じてそれぞれのページに固有の変数、イベントなどを定義したのち
s.t()を呼び出せばイメージリクエストが発火することになる。

 

次回は実際にエクスチュアのサイトに埋め込むためのs_code.jsを作成する様子を紹介したい。

 

インターン生
薄井

関連記事

  1. Adobe Analytics

    ページとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はページについて説明いたします。ページとはサイト内の各…

  2. Adobe Analytics

    バウンスと直帰-Adobe Analytics

    こんにちは!インターン生の藤本です。今日はバウンスと直帰につい…

  3. Adobe Analytics

    再来訪頻度とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は再来訪頻度について説明いたします。再来訪頻度とはサイ…

  4. Adobe Analytics

    adobe analytics Report Builder

    こんにちは!今回はreport builderを使って、エクセルにaa…

  5. Adobe Analytics

    次のページとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は次のページについて説明します。次のページとはサイトを…

  6. Adobe Analytics

    リアルタイムとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はリアルタイムについて説明いたします。リアルタイムとは…

  1. IT用語集

    インベントリ(Inventory)って何?
  2. Tableau

    Tableauの便利な機能
  3. Adobe Analytics

    次のページとは-Adobe Analyticsの指標説明
  4. Adobe Analytics

    バウンスと直帰-Adobe Analytics
  5. ブログ

    データ分析の上流から下流までをカバーする「altreyx」
PAGE TOP