Adobe Analytics

PV(ページビュー)とは-Adobe Analyticsの指標説明

今回はPV(ページビュー)について説明いたします。

PV (ページビュー) とは
サイトを訪問したユーザが閲覧したHTMLページの数を示します。
HTMLを使用したページのソースにjavascriptでタグを記述することによって、そのページが表示された回数を記録します。
PVが計測されるのはサイトページが表示された後です。

同一サイト内で「トップページ → ページA」とユーザが遷移した場合、
PV は2 となります。

1人のユーザがサイト上で300ページを閲覧しても合計は300PVとなり、300人のユーザが1人ずつ1ページを閲覧しても合計は300PVとなります。したがって、PVの数が多いからといって多数の人に閲覧されているページとは言えません。

「PV/訪問者数」で計算すると、サイトを訪問したユーザ1人当たりの平均PV数を把握できます。「PV/訪問回数」で計算すれば、1訪問での平均PV数を把握することができます。コンバージョンに至っているユーザとそうでないユーザの平均PV数を比較することでコンバージョン率を改善できる場合があります。例えば、コンバージョンに至っているユーザはそうでないユーザに比べ平均PV数が多いためサイトを回遊させるような工夫をすべきだといったことが考えられます。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Report&Analytics グラフについて

    こんにちは!インターン生の藤本です。私は、最近ACEの試験(R…

  2. Adobe Analytics

    サイトセクションとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はサイトセクションについて説明いたします。サイトセクション…

  3. Adobe Analytics

    異常値検出とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は異常値検出について説明いたします。異常値検出とは過去…

  4. Adobe Analytics

    検索エンジン-自然とは-Adobe Analyticsの指標説明

    こんにちは。インターン生の市川です。今回は検索エンジン-自然につい…

  5. Adobe Analytics

    オリジナルの参照ドメインとは-Adobe Analyticsの指標説明

    こんにちは。インターン生の市川です。今回はオリジナルの参照ドメイン…

  6. Adobe Analytics

    検索エンジン-有料とは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回は検索エンジン-有料について説明いたします。検索エンジン-…

PAGE TOP