ブログ

ヒートマップで視覚的な理解ができる「Pt engine」

こんにちは!インターン生の宮川です。

今回はPt mindの提供する解析ツール「Pt engine」について紹介していきます。

この解析ツールPt engineの最大の特徴は「ヒートマップ」です。といっても基本的なデータもこのように閲覧することができます。

pt1

さて、ヒートマップ機能ではユーザーがどこをクリックしたか、どこを見ているかを視覚的に理解することができます。

下の画像が当サイトのヒートマップです。入れたばかりなのでデータは少ないですが…(これから増やせるように頑張ります!)

pt2 pt3

多く見られているところ、クリックされているところが赤くなって表示されます。実はこのヒートマップ機能はGoogle Analyticsにはありません。Google Analyticsと合わせて使うとより有益なデータが得られるのではないでしょうか。

Pt engineは1サイトまでであれば無料なので、1度使ってみることをお勧めします。

Pt engineはこれからも使用していきより詳細なデータ・レビューを記載していきます。

関連記事

  1. ブログ

    Webサイト上でのA/Bテストが手軽にできる「optimizely」

    こんにちは。インターン生の山口です。今日は「Optimizel…

  2. ブログ

    DirectionAPI+Tableauでドライブ時間の可視化(前編)

    市区町村一覧・自治体の一覧を取得する(Python)の続きです!目…

  3. ブログ

    まぐれ

    こんにちは、インターンの安岡です。今回は「まぐれ―投資家はなぜ…

  4. ブログ

    ダッシュボードに使うべき10のグラフ③

    こんにちは!インターン生の山本です。前回はブレットグラフをご紹…

  5. ブログ

    ①DMPについて

    こんにちは!インターン生の藤本です。私は、最近”海外のDMP”…

  6. ブログ

    ③DMPについてーKrux

    こんにちは!インターン生の藤本です。今日は海外DMP2つ目、Kru…

  1. IT用語集

    仮想化(Virtualization)って何?
  2. Adobe Analytics

    ページでの滞在時間とは-Adobe Analyticsの指標説明
  3. Adobe Analytics

    次のページとは-Adobe Analyticsの指標説明
  4. Tableau

    Tableauの便利な機能
  5. mouseflow

    mouseflowを使ったページ解析
PAGE TOP